【速報】インハイ王者の戸上が丹羽を破る<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.18

【速報】インハイ王者の戸上が丹羽を破る<全日本卓球2020>

写真:戸上隼輔(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

18日、全日本卓球選手権男子シングルス準々決勝で戸上隼輔(野田学園高)が丹羽孝希(スヴェンソン)を下し、準決勝進出を決めた。

インターハイ王者の戸上は、男子ダブルスでも優勝候補であった水谷隼/大島祐哉(木下グループ)ペアを下しており勢いがある。戸上が大会最終日の19日もこの調子を保てるか、注目が集まる。

戸上のパワーが丹羽のテクニックを上回る


写真:戸上隼輔(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

パワーのある両ハンドが持ち味の戸上が第1ゲームからエンジン全開。高速バックハンドで丹羽のフォアサイドを何度も抜き去り、11-5であっさりと1ゲームを奪った。

第2ゲーム、第3ゲームはともに接戦になったが、ミスを恐れずラケットを振り抜いた戸上が丹羽のテクニックを封じ込め、11-9、11-8とさらにゲームを連取。優勝候補の丹羽に対して、あと1ゲームと王手をかけた。

第4ゲームでリードを奪ったのは丹羽であったが、ゲームポイントを奪いきれず、戸上にデュースに持ち込まれる。嫌な流れを断ち切れずに、最後は戸上の強気のドライブが決まり、12-10で戸上が勝利。会場には戸上の雄叫びが響いた。

>>卓球界の次世代ホープ・戸上隼輔 リオ銀吉村育てた名将と歩んだ高校生王者への道

スコア詳細


写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

■男子シングルス準々決勝
丹羽孝希(スヴェンソン) 0-4 ◯戸上隼輔(野田学園高)
5-11/9-11/8-11/10-12

>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.05.29
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.05.29
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US