全国国公立3位の長崎大・大田、初戦敗退も「また全日本に出られるよう頑張ります」<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.14

全国国公立3位の長崎大・大田、初戦敗退も「また全日本に出られるよう頑張ります」<全日本卓球2020>

写真:大田愛佳里(長崎大)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

14日、全日本選手権(以下、全日本)女子シングルス1回戦が行われ、国立大学・長崎大学の大田愛佳里が登場した。

全国公3位の大田が全日本に


写真:大田愛佳里(長崎大)/撮影:ラリーズ編集部

長崎大学の4年生の大田は、2019年全国国公立大学卓球大会(通称・全国公)でシングルス3位、全日学女子シングルス出場という実績を持つ国公立大学を代表する選手の1人だ。今大会には女子シングルスと女子ダブルスで出場しており、全日本には6回目の出場だという。

対戦相手のカットマン・渡辺美華(日本大)に対し、両ハンドドライブとスマッシュで積極的に攻めた大田が第1ゲームを先取するも、そこから3ゲーム連続で接戦を落とし、苦杯を喫した。

試合後、大田は「やっぱり練習不足が出てしまって、気持ちの面でも弱かったなと思います。もう(部活は)引退している立場なのと就活などもあって、あんまり練習できてなかったです。カットマン自体あんまり(長﨑)県内にいないので、全然カットマンともやっていない。(ドライブマンとは)タイミングの取り方も違う。対応能力がなかったなと思います」と悔しそうに振り返った。

卒業後も卓球を続ける予定だという大田は、最後に「また全日本に出られるよう頑張ります」と前向きなコメントを残した。

小学生から40代、国立大学所属など様々な経歴の選手が集う全日本卓球選手権、大会3日目以降も目が離せない。

>>”もうひとつのインカレ”全国公とは?

詳細スコア

大田愛佳里(長崎大) 1-3 〇渡辺美華(日本大)
11-6/9-11/8-11/8-11

>>「東大は勉強だけじゃない」“卓球エリート”に挑み続ける東京大学卓球部

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US