伊藤美誠、3年連続3冠ならずも「負けたからこそまた頑張れる」<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.19

伊藤美誠、3年連続3冠ならずも「負けたからこそまた頑張れる」<全日本卓球2020>

写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

全日本卓球選手権・女子シングルス準決勝第1試合で3年連続3冠を目指した伊藤美誠(スターツ)が早田ひな(日本生命)に敗れ、決勝進出を逃した。

今大会では早田と組んだ女子ダブルス、森薗政崇(BOBSON)と組んだ混合ダブルスで優勝し、女子シングルスも準決勝まで駒を進めてきたが、“黄金世代”対決で早田が上回る結果となった。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

伊藤美誠 試合後のコメント


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

今持っているものは出せた。今日負けて良かったとは思えないが、負けたからこそまた頑張れる。このあとのツアーを一戦一戦頑張ることが五輪につながる。

早田選手が戦術だったりで工夫してきた。私らしさは最初2ゲームは出なかった2-2になってからは、やっと競れたなという感じでしっかり楽しめたので、後半は良かったのかなと思う。

早田選手は一発があるので、私自身そこに対応しきれず、1点を取るのが難しかった。(早田は)毎試合毎試合レシーブの仕方やサーブの仕方を変えてくる選手なので、毎試合違う選手としている感覚。

いっぱい試合をしたので、今日はしっかり休んでまた頑張りたい。3種目を毎年のように出させてもらって、そこは練習になっている。この経験は(東京五輪で)すごい活かされると思うので、練習頑張ってこれて良かったなと思うし、練習もっともっと頑張りたいなと思う。

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

詳細スコア


写真:決勝進出を決めた早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

■女子シングルス準決勝
伊藤美誠(スターツ) 3-4 〇早田ひな(日本生命)
9-11/7-11/11-6/11-9/10-12/11-4/7-11

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.02.23
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.02.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US