18歳・戸上隼輔「リードして心の隙ができた」 張本追い詰めるも惜敗<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.19

18歳・戸上隼輔「リードして心の隙ができた」 張本追い詰めるも惜敗<全日本卓球2020>

写真:戸上隼輔(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

19日、全日本卓球選手権が大会最終日を迎え、男子シングルス準決勝第1試合で、インターハイ王者の18歳・戸上隼輔(野田学園高)が東京五輪代表の張本智和(木下グループ)をあと一歩まで追い詰めるも、惜しくも敗れベスト4となった。

昨年全日本ジュニアの部を制し、インターハイもシングルス2連覇と勢いに乗っていた戸上。張本と同じく東京五輪代表に内定した丹羽孝希(スヴェンソン)を下し、準決勝に勝ち進んできた。張本戦も臆することなく両ハンドドライブを振りぬき続け、ゲームカウント3-1と勝利に王手をかけるも張本に悔しい逆転負けを喫した。

ただ、戸上は、全日本の舞台で、世界トップレベルの選手とも互角に渡り合えることを証明。次世代を担うニューヒーローの誕生を予感させた。

戸上隼輔 試合後のコメント


写真:戸上隼輔(野田学園高)/撮影:ラリーズ編集部

死闘をものにできなかった戸上は「2ゲーム目から自分のプレーしようと積極的に攻めた。ゲームカウント3-1でリードして勝ちを意識してしまった。今大会は調子が良くて、今まで勝てなかった人に勝てた。このプレーをどんな場面でも出せるようにしたい」と大会全体を振り返った。

「僕が取ったゲームに関しては、相手も雑な部分があったが、終盤にかけて丁寧にミスを少なくしてきたのがプレッシャーを感じた。前陣でプレッシャーをかけても張本選手が下がらず、ブロックで逆に下げられた。張本は戦術を変えてくる早さがすごい。自分のミス待ちという状況にされた。ブロックの緩急をつけられ、それをチャンスと思って打ったら捕まった」と張本の戦術の幅広さに舌を巻いた。


写真:今大会1,2を争う好ゲームとなった/撮影:ラリーズ編集部

「最後のゲーム、リードして心の隙ができた。攻めることだけ考えてて、戦術というものを捨ててしまった」と反省点をあげた。また、終盤ストップで連続失点したことについて聞かれ、「ストップされたときに今まで感じてこなかった回転量を感じて、こんなに切れているんだと予想外だった」と張本の技術力に感心した。

「今大会、用具を変えてはじめての大会。試合でこれだけ自分が五輪選手と戦ってミスを誘えた。用具を変えて戦えたことが収穫」と手応えも口にした戸上。今大会でその名をより知らしめたことだろう。4月からは大学に進学し、更なる高みを目指すという。

以前Rallysのインタビューで「五輪を目指したいという気持ちがどんどん強くなってきた。2024年を目指したい」とパリ五輪に向けて思いを語っていた次世代ニューヒーロー戸上の活躍から目が離せない。

>>戸上隼輔「人生が変わった」水谷隼からの金星 若き新星、パリ五輪目指す

詳細スコア


写真:試合後健闘をたたえ合う戸上と張本/撮影:ラリーズ編集部

〇張本智和(木下グループ) 4-3 戸上隼輔(野田学園高)
11-4/9-11/7-11/7-11/11-7/11-8/11-9

>>卓球界の次世代ホープ・戸上隼輔 リオ銀吉村育てた名将と歩んだ高校生王者への道

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US