全日本卓球・ジュニア男女準決勝終了 男女ともに決勝は同校対決に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:横井咲桜(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 全日本卓球・ジュニア男女準決勝終了 男女ともに決勝は同校対決に

2021.01.14 文:ラリーズ編集部

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日~17日>

全日本選手権大会4日目、ジュニア男女シングルス準決勝が開催され、決勝進出者が決まった。ジュニア男子シングルスでは鈴木颯と濵田一輝(ともに愛工大名電高)が、ジュニア女子シングルスでは大藤沙月と横井咲桜(ともに四天王寺高)が勝ち上がった。

この結果、ジュニア男女ともに決勝戦は同校対決となった。

ジュニア男子シングルス準決勝


写真:鈴木颯(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

ジュニア男子シングルスはベスト4全てが愛工大名電高となり、同士討ちを制した鈴木颯(すずきはやて)と濵田一輝(はまだかずき)が勝ち上がった。特に濵田は、T.T彩たまでもプレーするTリーガー篠塚大登(しのづかひろと)にマッチポイントを握られながらも凌ぎ切り、ゲームカウント0-2から逆転勝利を収めた。


写真:濵田一輝(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

試合結果

岡野 俊介(愛工大名電高)1-3 〇鈴木 颯(愛工大名電高)
11-5/9-11/13-15/5-11

〇濵田 一輝(愛工大名電高)3-2 篠塚 大登(愛工大名電高)
11-13/9-11/11-8/14-12/11-7

ジュニア女子シングルス準決勝


写真:大藤沙月(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

ジュニア女子シングルスでは、昨年チャンピオンの大藤沙月(おおどうさつき)が、菅澤柚花里(すがさわゆかり)との四天王寺対決を制し、決勝進出を決めた。もう1戦は、横井咲桜(よこいさくら・四天王寺高)が、白山 亜美(しらやまあみ・明徳義塾中・高)をゲームカウント0-2からの逆転勝利。


写真:横井に決勝進出を阻まれた白山亜美(明徳義塾中・高)/撮影:ラリーズ編集部

この結果、ジュニア女子シングルス決勝は大藤と横井の四天王寺対決となった。

試合結果

大藤 沙月(四天王寺高)3-1 菅澤 柚花里(四天王寺高)
12-10/8-11/11-3/11-7

〇横井 咲桜(四天王寺高)3-2 白山 亜美(明徳義塾中・高)
9-11/11-13/11-8/11-4/11-8

全日本卓球選手権関連記事はこちら

>>全日本卓球選手権関連記事

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt