卓球全日本ジュニア女子 高1・大藤沙月が2連覇「世界で活躍できるように」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:大藤沙月(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 卓球全日本ジュニア女子 高1・大藤沙月が2連覇「世界で活躍できるように」

2021.01.14 文:ラリーズ編集部

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日~17日>

全日本選手権ジュニア女子シングルスで優勝した大藤沙月、準優勝した横井咲桜(ともに四天王寺高)が、試合後オンラインで会見に応じ、試合を振り返った。

大藤「世界で活躍できるように」

同じ四天王寺高勢、、日本生命レッドエルフで活躍する赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)、シニアでも結果を残す木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)、小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)らが参戦し、今大会のジュニア女子シングルスはかなりのハイレベルとなっていた。


写真:表彰式での大藤沙月(写真右)・横井咲桜(ともに四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

その中でディフェンディングチャンピオンとして臨んだ大藤は「今年は2連覇を目指して出た。達成することができてよかった。みんな強い選手ばかりなので、プレッシャーを感じず向かっていく気持ちで最初からできた」と優勝の要因を振り返った。


写真:大藤沙月(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

また、木原が3回戦、小塩が5回戦と早い段階で姿を消す中、2連覇のプレッシャーを跳ね除け、見事大藤は優勝を果たした。

「今年は一般でランク以上を目指してきたのでベスト8を目指して頑張りたい。世界で活躍できるように頑張ります」と意気込みを語った大藤。また高校1年生と伸びしろ十分の大藤が、どこまで成長するのか楽しみだ。

横井「優勝まであと一歩がすごく遠い」

一方、敗れた横井は「大藤選手はサーブが多彩で3球目もあって、手の付けられない状態だった。優勝まであと一歩がすごく遠い。今回の大会は優勝を狙っていて、準優勝になってすごく悔しいです」と肩を落とした。


写真:横井咲桜(四天王寺高)/撮影:ラリーズ編集部

ただ、一般女子シングルスでは、3回戦で阿部愛莉(デンソー)に勝利し、15日にはスーパーシードの出澤杏佳(大成女子高)に挑む。「一般でまた巻き返せるように頑張りたい」と気持ちを切り替え、前を向いた。

ジュニア女子シングルス決勝戦結果

〇大藤沙月(四天王寺高)3-0 横井咲桜(四天王寺高)
11-9/11-7/11-9

女子ジュニアシングルスランク

優勝:大藤沙月(四天王寺高)
準優勝:横井咲桜(四天王寺高)
ベスト4:白山亜美(明徳義塾中・高)、菅澤柚花里(四天王寺高)
ベスト8:原芽衣(ミキハウスJSC)、面田采巳(四天王寺高)、赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)、中森帆南(四天王寺高)

>>卓球日本代表への登竜門 全日本ジュニア女子は大藤が連覇 男子は濵田が初優勝

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt