石川、伊藤、早田らがベスト4入り狙う 要注目の卓球全日本女子単準々決勝 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 石川、伊藤、早田らがベスト4入り狙う 要注目の卓球全日本女子単準々決勝

2021.01.16 文:ラリーズ編集部

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日~17日>

全日本選手権大会6日目、女子シングルス準々決勝4試合が行われる。各試合の見どころを紹介する。

女子シングルス準々決勝組み合わせ

長﨑 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園・東京都)- 伊藤 美誠(スターツ・大阪府)
早田 ひな(日本生命・福岡県)- 佐藤 瞳(ミキハウス・大阪府)
横井 咲桜(四天王寺高・大阪府)- 石川 佳純(全農・山口県)
平 侑里香(サンリツ・東京都)- 木原 美悠(JOCエリートアカデミー/星槎・東京都)

長﨑美柚伊藤美誠


写真:長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/撮影:ラリーズ編集部

長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)は、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、芝田沙季(ミキハウス)と社会人の実力者を下し、ベスト8まで勝ち上がってきた。持ち味は何と言っても恵まれた体格から繰り出されるボールの威力だ。特にチキータは女子選手の中ではトップクラスの回転量を誇り、国際大会でも得点源の1つとなっている。


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

対するは、世界ランキング3位と日本人トップの伊藤美誠(スターツ)だ。多彩なフォームから放つサービスとフォアのスマッシュ、バックの変化で得点を重ねる言わずと知れたトッププレーヤー。昨年大会はベスト4に終わり、今大会では優勝を狙う。

長﨑の回転量が勝るのか、伊藤のスピードが勝るのか。要注目の準々決勝だ。

早田ひな佐藤瞳


写真:佐藤瞳(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

準々決勝屈指の好カードは、昨年女王の早田ひな(日本生命)と7年連続ベスト8入りのカットマン佐藤瞳(ミキハウス)の試合だ。

安定した成績を残す佐藤は、2019年にはリオ五輪金メダリスト丁寧(ディンニン)を2度下している。世界卓球でもダブルス3位と世界トップクラスの実力を誇り、最新世界ランキングも17位につけている。

佐藤が早田のパワフルな豪打を凌ぎ、チャンスを逃さず攻めに回れるかが試合のポイントとなりそうだ。


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

横井咲桜 – 石川佳純


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

5年ぶりの女王返り咲きを狙う石川は、ジュニア準優勝の横井咲桜(四天王寺高)との対戦となった。横井は変化の大きな巻き込みサービスから両ハンドドライブでここまで勝ち上がっており、勢いに飲まれると石川も危ういだろう。

しかし、石川も今大会オールストレートで勝ち上がり、順調な様子が伺える。序盤をリードし、精神的に優位に立てるかが試合の見どころになる。

平侑里香 – 木原美悠


写真:平侑里香(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

実業団のサンリツで主将を務める平侑里香は、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)と同じく、右シェーク異質型のプレースタイル。2018年全日本社会人シングルスでは優勝を果たしている。また、6回戦では妹の真由香(昭和電工マテリアルズ)との激闘を下しており、妹の思いも背負い、木原と対峙する。

平野美宇(日本生命)を破った木原との対戦は、バックハンドで主導権を握れるかがキーとなる。

男子準々決勝見どころ

>>五輪代表、ノーシードから快進撃、5年連続ランカー…男子8強は実力者勢ぞろい

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt