世界卓球準Vペアが参戦 名手・吉村真晴は鈴木李茄とペア<全日本卓球2022混合複> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:張本智和・早田ひなペア/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 世界卓球準Vペアが参戦 名手・吉村真晴は鈴木李茄とペア<全日本卓球2022混合複>

2022.01.23

文:ラリーズ編集部

<2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月24日~30日 場所:東京体育館>

24日より全日本選手権が開幕する。混合ダブルスは2020年大会以来の開催となり、今大会の最初に行われる種目である。世界選手権で活躍したペアや2020年大会の上位ペアが参戦し、日本一を決める。

混合ダブルス組み合わせ

1月の開催に先立ち、12月にスーパーシード8組が決定されている。トーナメント表は以下の通り。

混合ダブルス見どころ

スーパーシード


図:混合ダブルススーパーシード8組/作成:ラリーズ編集部

混合ダブルスでは張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペアが優勝候補として呼び声高い。


写真:張本智和(木下グループ)/早田ひな(日本生命)ペア/撮影:ラリーズ編集部

世界選手権では銀メダルを獲得し、混合ダブルスの世界ランキングも7位(2022年1月時点)と世界トップクラスに位置している。張本/早田ペアが世界選手権メダリストの実力を見せるか。


写真:吉村真晴(愛知ダイハツ)・鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)/撮影:ラリーズ編集部

世界選手権の混合ダブルスで優勝含む3大会連続決勝進出を果たした吉村真晴(愛知ダイハツ)は、鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)と組んでスーパーシードでの登場となる。初のペアリングとなるが、混合ダブルスの戦い方を熟知した吉村が鈴木を引っ張り、優勝に導くことができるか。


写真:木造勇人(愛知工業大)・安藤みなみ(トップ名古屋)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会に出場した経験のある木造勇人(愛知工業大)/安藤みなみ(トップ名古屋)ペア、宇田幸矢(明治大)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)ペアも参戦する。宇田/木原ペアは2019年の世界ジュニア以来の試合となるが、互いに経験を積んできているためその活躍に期待がかかる。


写真:上村慶哉(シチズン時計)・阿部愛莉(デンソー)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードの上村慶哉(シチズン時計)/阿部愛莉(デンソー)ペアは2大会連続でベスト4に輝いており、実力と安定感のあるペアだ。今大会でもベスト4以上を狙う。新たなペアが次々と誕生する混合ダブルスで、優勝をつかみ取るのはどのペアか注目だ。

24日試合予定

混合ダブルス1回戦

勝健真(緑の館)/玉石美幸(エクセディ) – 加藤遼(北陸大)/先田萌乃(慶誠高)
石山慎(専修大)/児玉茉優(新潟大) – 德永大輝/中村真優美(ともに鹿児島相互信用金庫)
髙橋拓己(フジ)/前瀧初音(愛媛銀行) – 石田怜央(米子高専)/石田瑳歩(中京大)
沼村斉弥(明治大)/杉本恵(青山学院大) – 加藤悠二(秋田市役所)/加藤優花(Nene)

香取利煕(埼玉工業大)/香取位圭(正智深谷高) – 卯木将大(クローバー歯科カスピッズ)/麻生麗名(日本生命)
稲木晨悟(専修大)/小畑美月(デンソー) – 神京夏(原田鋼業)/井絢乃(中国電力)
後藤永次(日南卓友)/多武玲帆(神戸松蔭女子学院大学) – 宮本幸典(リコー)/瀬山咲希(トプコン)
島村大観(関西高)/髙橋奈未(山陽学園高) – 岩永宜久(早稲田大)/髙橋沙希(國學院大)

坂根翔大(関西卓球アカデミー)/塩見真希(ミキハウス) – 望月龍大/遠藤優葉(ともに大正大)
田原彰悟/森廣伽衣(ともに愛知工業大) – 道廣晴貴/首藤成美(ともに希望が丘高)
竹谷義信/首藤美咲(ともに希望が丘高) – 出雲卓斗(明治大)/千葉菜月(東京富士大)
田原翔太/梅木ちとせ(ともに明豊高) – 久世雄登/津田菜穂(ともに同志社大)

柏友貴(中央大)/枝廣愛(就実高) – 小林広夢(日本大)/出澤杏佳(専修大)
五十嵐史弥/杉田陽南(ともに早稲田大) – 髙見真己/岡田琴菜(ともに愛知工業大)
吉田圭佑(尽誠学園高)/岩本結菜(百十四銀行) – 中村浩二郎(埼玉工業大)/木村美緒(東洋大)
松本知也(仙台卓球センター)/三村彩華(聖和学園高) – 小野寺有矢(トヨタ紡織東北)/平舩文(洋野TTC)

江藤慧(クローバー歯科カスピッズ)/下山秋帆(クローバー歯科フェアリーズ) – 田中豪/佐藤遥香(ともに平田球友会)
佐藤星矢(北科大高)/岡るる(札幌大谷高) – 力武聖樹(佐賀銀行)/松尾佳奈実(中京学院大)
中村廉(原田鋼業)/庄司有貴(中国電力) – 村松雄斗(東京アート)/竹内嘉菜(中央大)
濵田大樹(徳島大正銀行)/森影夏都(徳島商業高) – 曽根翔/信田ことみ(ともに愛知工業大)

試合配信スケジュール

今年の全日本選手権では「卓球TV」を通して全試合がライブ配信される。また、男女ダブルス決勝、男女シングルス決勝が行われる29日と30日にはNHKにてテレビ放送、インターネット配信でも「卓球TV」に加えてスポーツナビでもライブ配信が行われる。

テレビ放送

1月29日(土)NHK BS1
1月30日(日)NHK 総合

インターネット配信

1月24日(月)~30日(日) 卓球TV

1月29日(土)、30日(日) スポーツナビ(ライブ配信)

【動画】混合複スーパーシード発表

【人気動画】卓球部潜入企画

鈴木李茄インタビュー


写真:鈴木李茄/撮影:田口沙織

>>“エリート街道”を歩んできた鈴木李茄 「石川佳純との出会い」で変わった卓球観

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt