【卓球】張本・長崎組ベスト8入り<全日本卓球2019・混合複> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会
2019.1.14〜2019.1.20・大阪
2019.01.16

【卓球】張本・長崎組ベスト8入り<全日本卓球2019・混合複>

写真:張本 智和(JOCエリートアカデミー)・長崎 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペア/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>

15日、全日本卓球選手権2日目、混合ダブルスに出場した張本・長崎ペアが昨年ベスト8の及川・安藤ペア(専修大学)を破り、16日に行われる準々決勝に駒を進めた。

今大会からペアを組む両者はともにJOCエリートアカデミーで腕を磨く仲で、長崎が張本の1学年上の先輩にあたる。

昨年男子シングルス最年少優勝の張本に目が行きがちだが、ここまで順当に勝ち上がっているのは昨年ジュニア女子を制している長崎の貢献によるところも大きい。

一般的に混合ダブルスではパワーに劣る女子のボールが狙われやすいが、長崎の女子離れしたパワーのあるフォアハンドバックハンドと強烈なチキータレシーブは男子にも通用しており、ここまで勝ち上がる原動力になっている。

次戦の準々決勝では昨年準優勝の軽部 隆介(鹿児島相互信用金庫)・松本 優希(サンリツ)ペアと対戦が決まっており、注目が集まる。

全日本卓球2019 張本智和長崎美柚ペア 1月15日の結果


写真:張本 智和(JOCエリートアカデミー)・長崎 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペア/撮影:ラリーズ編集部

混合ダブルス 4回戦

及川 瑞基/安藤 みなみ(ともに専修大) 1-3 張本 智和(JOCエリートアカデミー)/長崎 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
8-11/6-11/11-6/10-12

混合ダブルス3回戦

中村 浩二郎(埼玉工業大)/木村 美緒(正智深谷高)0-3 張本 智和(JOCエリートアカデミー)/長崎 美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
9-11/9-11/7-11

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.04.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
16536 pt
2
許キン(中国)
15095 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.04.22
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15194 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US