連続8強入りの松島輝空 "メイデン包囲網"突破なるか<全日本卓球2020・ジュニア男子> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)
2020.1.13〜2020.1.19・大阪
2020.01.16

連続8強入りの松島輝空 “メイデン包囲網”突破なるか<全日本卓球2020・ジュニア男子>

写真:松島輝空(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

15日、全日本卓球選手権(以下、全日本)の男子ジュニア5回戦が行われ、ベスト8が出揃った。5回戦では16人中9選手が愛工大名電中高の選手となったが、うち第一シードの谷垣佑真(愛工大名電高)を含む5選手が準々決勝進出を決めた。

12歳のスーパー小学生として注目を集める第3シードの松島輝空(木下グループ)は、3-1で小林広夢(愛工大名電高)を下し、2年連続のベスト8入り。このまま順調に勝ち上がった場合、続く準々決勝、準決勝は愛工大名電勢との対戦が決まっており、決勝も同じく名電勢との可能性がある。まさに“メイデン包囲網”といった状況だ。

>>U-7強化合宿 松島輝空の妹・美空が1位に

男子ジュニア準々決勝の対戦カード


写真:曽根翔(愛工大名電高)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードの谷垣に加え、横谷晟と曽根翔(いずれも愛工大名電高)と吉山僚一、鈴木颯(愛工大名電中)の5選手を中心にトーナメントが展開される。谷垣は平成29年度全国中学校卓球大会優勝の手塚崚馬(明徳義塾高)と、吉山は島根の名門・出雲北陵の山本歩とそれぞれ対戦する。

5回戦で名電勢の一角を崩した左腕の松島は、ドイツ・ブンデスリーグで腕を磨く曽根との対戦が決まっている。勝った場合は、準決勝で鈴木と横谷の勝者との対戦が決まっており、名電勢との戦いが続く。松島が昨年のベスト8を超えられるか、注目が集まる。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

ジュニア男子5回戦の結果


写真:谷垣佑真(愛工大名電高) /撮影:ラリーズ編集部

〇谷垣佑真(愛工大名電高) 3-0 萩原啓至(愛工大名電中)

伊藤礼博(安田学園高) 0-3 〇手塚崚馬(明徳義塾高)

大島史也(愛工大名電高) 0-3 〇山本歩(出雲北陵)

〇吉山僚一(愛工大名電中) 3-0 篠塚大登(愛工大名電高)

〇松島輝空(木下グループ) 3-1 小林広夢(愛工大名電高)

後藤世羽(静岡学園高) 1-3 〇曽根翔(愛工大名電高)

新名亮太(明徳義塾高) 0-3 〇鈴木颯(愛工大名電中)

道廣 晴貴(石田卓球クラブ) 0-3 〇横谷晟(愛工大名電高)

>>堅守の元世界ランク1位に2連勝 長﨑美柚の見せた“3本の刃”とは

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US