【卓球】大島祐哉、木下の同士討ち制す 張本の待つ準決勝へ | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会
2019.1.14〜2019.1.20・大阪
2019.01.19

【卓球】大島祐哉、木下の同士討ち制す 張本の待つ準決勝へ<全日本卓球2019>

写真:大島祐哉(左・木下グループ)と田添響(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 平成30年度全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)丸善インテックアリーナ大阪>
19日、男子シングルス準々決勝は大島祐哉(木下グループ)と田添響(専修大)の対戦となった。両者ともにTリーグでは木下マイスター東京に所属しており、チームメイト対決となった。

コートを駆け巡り、ダイナミックなフォアハンドを得意とする大島と、どの位置からも打てるキレのあるバックハンドを得意とする田添との対戦。ラリーは予想通り見ごたえのある、ダイナミックなものとなった。

第1ゲーム、田添よりも一本多く返す大島がラリーを制し、11-2で大島が先取。続く第2ゲームは、下がっては勝機が無いと見たか、田添が下がらずカウンターを狙う場面が多くみられる。途中、やはり大きなラリーになり、田添が後ろから何本もバックハンドで引き返し、会場はどよめいた。しかし、それでもミスが少ないのは大島。このゲームも11-8で大島が奪う。

勝負を分けたのは大島の細かい技術の上手だ。田添もファインプレーで会場を多く湧かせたが、サーブや台上処理などの先手を取る技術で大島が上回った。そのまま大島が第3、第4ゲームを取り試合終了。大島が完勝で準決勝に駒を進めた。

チームメイト対決のためだろうか、この試合は互いにベンチコーチが不在だった。試合後、二人で話しながらコートを去った。

田添にとっては大学生最後の全日本で過去最高のベスト8。田添は「この大学4年間で卓球に対する考え方が変わった。ここまで勝ち上がることができたのは、力がついてきていると言える」と、前を向いた。

大島は20日の準決勝、張本智和(JOCエリートアカデミー)と対戦する。再び木下マイスター東京のチームメイト対決となった。

全日本卓球2019 男子シングルス準々決勝


写真:大島祐哉(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

大島祐哉(木下グループ)4-0 田添響(専修大)
11-2/11-8/11-5/11-4

文:ラリーズ編集部

コメント
0