石川が早田の挑戦を退けベスト8入り【全日本卓球2018】


注目のカードを石川が制す

全日本卓球選手権5日目、女子シングルス6回戦注目のカード、石川佳純(全農)と早田ひな(日本生命)の対決は、ゲームカウント4-1で石川が勝利した。

1ゲーム目から3ゲーム目まで11-9,13-11,11-9といずれも2点差の接戦を制し、石川の勝負強さが光った一戦となった。

同じ左シェーク攻撃型の両選手だが、長身の早田は台から少し下がって威力あるボールで打ち抜くタイプ。石川はその早田の威力を逆に利用し、台の近くに構え、高速カウンターで捌く技術力の高さを見せた。

早田は目標としていた石川超えならず

4ゲーム目を取って一矢報いた早田

勝負の分かれ目は3ゲーム目後半。早田は自身がリードした場面でタイムアウトを取ったが、石川が緩急をつけた攻撃を混ぜ、逆転でこのゲームを奪いゲームカウント3-0とし、一気に優位に立った。

早田は4ゲーム目を取って一矢報いるも、最後はバックハンドの差し合いをオーバーミスし、本大会で目標にしていた石川超えはならなかった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする