【卓球】伊藤美誠が中国選手に連勝 石川・平野・芝田も8強進出<ITTFチェコOP 女子4日目の結果>


*写真は伊藤美誠(2018中国オープン)

<ITTFワールドツアー・チェコオープン(オロモウツ)、2018年8月21日〜26日>

ワールドツアー・チェコオープンが4日目を迎え、女子一般シングルスベスト8決定戦、ダブルス準々決勝〜準決勝までが行われた。

女子一般シングルスベスト8決定戦には、平野美宇(8月度世界ランキング9位・18歳)=日本生命=、長崎美柚(同38位・16歳)=JOCエリートアカデミー/大原学園=、石川佳純(同4位・25歳)=全農=、橋本帆乃香(同27位・20歳)=ミキハウス=、伊藤美誠(同6位・17歳)=スターツSC=、芝田沙季(同19位・20歳)=ミキハウス=の6名が登場。

平野ー長崎、石川ー橋本という日本選手対決では、平野と石川に軍配が上がりベスト8進出。続く芝田もベルナデッタ・スッチ(同32位・23歳)=ルーマニア=に、伊藤も劉高陽(同399位・22歳)=中国=に勝利した。伊藤は昨日に続く中国選手に対する勝ち星になる。

女子一般ダブルス準々決勝には、石川/伊藤ペア、平野/早田ひな(同16位・18歳)=日本生命=ペアの2組が登場するも、準決勝進出はならなかった。

シングルスでは石川、伊藤、平野、芝田という4名の日本選手が準々決勝に進出している。果たしてこの中から優勝する選手が現れるのか、注目が集まる。

女子 チェコオープン4日目の結果

女子一般シングルス

<ベスト8決定戦>
○平野美宇 4-0 長崎美柚
11-5/11-9/12-10/11-5

○石川佳純 4-2 橋本帆乃香
11-7/11-7/7-11/11-6/9-11/11-4

○伊藤美誠 4-1 劉高陽(中国)
11-9/4-11/11-8/11-9/11-5

○芝田沙季 4-0 ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
11-7/11-5/11-8/11-9

女子一般ダブルス

<準々決勝>
○石川佳純/伊藤美誠 3-0 エリザベータ・サマラ/ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)
12-10/11-5/11-3

○平野美宇/早田ひな 3-2 陳可/王藝迪(中国)
11-3/13-11/7-11/9-11/11-5

<準決勝>
石川佳純/伊藤美誠 2-3 ○張瑞/劉高陽(中国)
8-11/11-6/11-6/5-11/8-11

平野美宇/早田ひな 1-3 ○サン・ジアイ(クロアチア)/ゼン・ジアン(シンガポール)
11-13/11-4/8-11/8-11

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする