青山学院大・熊中/三條、女子ダブルス優勝 「練習が自信につながった」<卓球・全日学> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:青山学院大の熊中理子(写真左)、三條裕紀(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 青山学院大・熊中/三條、女子ダブルス優勝 「練習が自信につながった」<卓球・全日学>

2019.10.26 文:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

26日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)の女子ダブルス決勝が行われ、青山学院大学の熊中理子/三條裕紀が全日学ダブルス女王の栄冠を手にした。

熊中/三條は、今年の関東学生秋季リーグ優勝の原動力となった実力あるペアで、昨年の全日学でもベスト8の成績を残していた。ペアリングは変えずに第2シードとして臨んだ今大会、準決勝ではフルゲームの接戦を苦しみながらも乗り越え、決勝では専修大学のエースダブルス・枝松亜美/木村香純に、3-0のストレート勝ちを収めた。

熊中/三條ペアは見事昨年の成績を上回り、令和最初の全日学ダブルス女王に輝いた。

>>2019年秋季関東学生卓球リーグ戦の結果はこちらから

試合後のコメント


写真:青山学院大学の三條裕紀(写真手前)と熊中理子(写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、両選手に話を聞くと、熊中は「優勝を目標に今年の全日学に臨んで、いつもより練習を多めにやってきたことが自信につながりました。競った場面でも練習でしてきたことが発揮できて、最後まで自信を持ってできました」と話した。

三條は「ダブルスは優勝したい気持ちでいっぱいで、練習をいつもより入念にしてきました。自分が返球すれば次返してくれるという安心感が大きかったです」と熊中への信頼感を語った。

>>プロ卓球選手から国公立大学の選手までこだわりの用具紹介はこちら

試合結果


写真:枝松亜美(写真左)/木村香純(写真右・専修大)/撮影:ラリーズ編集部

枝松亜美/木村香純(専修大)0-3 〇熊中理子/三條裕紀(青山学院大)

>>全日学2日目見どころはこちらから

男子ランキング
2021.01.24
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.24
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt