女子は中国電力と日立化成が全勝キープ 男子は3チームが1敗で並ぶ<後期日本卓球リーグ 3日目> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:近藤早紀(日立化成)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

国内大会 女子は中国電力と日立化成が全勝キープ 男子は3チームが1敗で並ぶ<後期日本卓球リーグ 3日目>

2019.11.02 文:ラリーズ編集部

<2019年度後期日本卓球リーグ秋田大会 2019年10月30日~11月3日>

1日、後期日本卓球リーグ秋田大会は3日目を迎えた。1部1試合、2部3試合が行われ、男子は東京アート、愛知工業大、協和キリンが1敗で並び首位、女子は中国電力と日立化成が全勝で1位となっている。

>>大会2日目の結果はこちら

男子は3チームが1敗で並ぶ


写真:平野友樹(協和キリン)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

2日目まで全勝を守ってきた愛知工業大だったが、東京アートに3-0のストレートで敗れた。

協和キリンはシチズン時計とラストまでもつれる激戦となったが、最後は渡辺裕介(協和キリン)が酒井明日翔(シチズン時計)との明治大OB対決を制し、1敗を守った。

この結果、東京アート、愛知工業大、協和キリンが4勝1敗で並ぶ混戦模様となっている。

男子1部3日目結果

シチズン時計 2-3 協和キリン
東京アート 3-0 愛知工業大
日鉄物流ブレイザーズ 3-0 クローバー歯科カスピッズ
日野自動車 0-3 リコー

>>明治大OB・森薗政崇インタビュー 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…「俺は卓球マシーンか!」

女子は2チームが全勝キープ

中国電力とデンソーの全勝対決は、中国電力に軍配があがった。世界卓球代表1次選考会を通過した成本綾海(中国電力)が永尾尭子(デンソー)に敗れるも、宋恵佳(中国電力)が野村萌(デンソー)を逆転で下すなど層の厚さを見せつけた。

同じく全勝をキープしていた日立化成は、前期優勝の十六銀行と対戦。トップで安藤みなみ(十六銀行)に牛嶋星羅(日立化成)が敗れるも、他で3点を取り5勝0敗と首位を維持している。

女子1部3日目結果

中国電力 3-1 デンソー
サンリツ 3-1 エグセディ
十六銀行 1-3 日立化成
愛媛銀行 3-1 豊田自動織機

>>成本が通過した世界卓球2020女子 日本代表第1次選考会はこちら

4日目見どころ


写真:松山祐季(写真奥)・髙見真己(写真手前)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

男子は4勝1敗同士の東京アートと協和キリンが対戦する。優勝を目指す両チームにとって負けられない大一番になる。

同じく1敗の愛知工業大は、シチズン時計と。前期ではシチズン時計が3-1で勝利しているが、勢いに乗る大学生チーム、前期とは違った戦いになるだろう。

一方女子は、中国電力と日立化成の全勝対決。3日目にもデンソーとの全勝対決を制した中国電力は、2日連続で正念場を迎える。前期は3-2で日立化成が勝利しており、今回も激戦になることが予想される。

男女ともに1部は残すところあと2試合。どのチームが後期日本リーグを制するのか注目だ。

男子1部

東京アート – 協和キリン
シチズン時計 – 愛知工業大
日鉄物流ブレイザーズ – リコー
日野自動車クローバー – 歯科カスピッズ

女子1部

十六銀行 – デンソー
サンリツ – 豊田自動織機
中国電力 – 日立化成
愛媛銀行 – エクセディ

>>卓球界初の「選手会」が発足 発起人が明かす“2つの狙い”とは

男子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt