伊藤美誠、トップ12初優勝 平野美宇との注目の"みうみま対決"を制す | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 伊藤美誠、トップ12初優勝 平野美宇との注目の“みうみま対決”を制す

2019.12.22 文:ラリーズ編集部

22日、ジャパントップ12の女子シングルス決勝で、伊藤美誠(スターツ)が平野美宇(日本生命)との“みうみま対決”をゲームカウント4-1で制し、トップ12初優勝に輝いた。

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

決勝は注目のみうみま対決


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

トップ12の決勝は同じ2000年生まれの19歳である伊藤と平野の“みうみま対決”が実現した。幼い頃からダブルスも組み、2014年のワールドツアーグランドファイナルでは史上最年少優勝も成し遂げている。

今年国際大会のシングルスでは、香港OP、オーストラリアOP、スウェーデンOPと3度対戦があり、すべて伊藤が勝利している。


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

五輪選考がひと段落となり、「プレッシャーもなく思い切ってできた」と前日の試合から4連勝し勝ち上がってきた平野。今回の試合は、持ち味の速攻プレーでストレートを上手く突き、平野が1ゲーム目を先取する。

2ゲーム目も続けて平野が10-8とゲームポイントを握るも、そこから伊藤がラリー戦を制して10-10。デュースでは会場を魅了する好ラリーを連発し、12-11と伊藤がゲームポイントを握る。最後は伊藤がバックの表ソフトラバー(表面に粒が並ぶラバー)で平野の鋭い両ハンドドライブを捌き、甘くなったところをフォアスマッシュで仕留め、13-11で2ゲーム目を逆転でものにした。


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

3ゲーム目は伊藤が6-0と出足から優位に進め、そのまま11-7。ゲームカウント2-1と伊藤リードでゲームは中盤戦へ。

4ゲーム目もデュースにもつれ込む。平野が両ハンドドライブで攻め、伊藤が守るという展開が続くが、16-15までもつれたデュースは伊藤のサービスエースで17-15と終止符が打たれる。これでゲームカウント3-1と伊藤が王手をかけた。

6ゲーム目も競り合いとなるが、最後は伊藤がフォアドライブで打ち抜き、嬉しいトップ12初優勝を果たした。


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

伊藤美誠の試合後のコメント


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、伊藤は「(今日の試合を)乗り越えたのは凄く自信になりました。自分らしくやることと楽しんでやることを考えた」と振り返った。

また2020年については「無敗の女を目指して頑張っていきたい」と力強く意気込みを語った。

>>【永久保存版・平成振り返り】日本の卓球界が右肩上がりに躍進 平成21年〜31年

詳細スコア


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

〇伊藤美誠 4-1 平野美宇
9-11/13-11/11-7/17-15/11-5

>>伊藤美誠のオフショット記事はこちら

男子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt