勝利の裏には特殊ルールへの"入念な準備" 昨季年間王者・十六銀行が白星発進 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 勝利の裏には特殊ルールへの“入念な準備” 昨季年間王者・十六銀行が白星発進

2020.11.13 文:ラリーズ編集部

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日~11月15日 熊本県立総合体育館>

13日、2020年度後期日本卓球リーグは大会3日目を迎え、女子1部のチームが登場した。2019年JTTLファイナル4を制し年間王者に輝いた十六銀行が、サンリツを相手にマッチカウント3-1で勝利した。

>>中国卓球にも通用する 安藤みなみの“常識破りのプレースタイル”が生まれたワケ

年間王者・十六銀行が初戦を勝利

十六銀行は、インターハイダブルス準優勝の加藤知秋・杏華姉妹、全日学シングルス準優勝の山本怜、世界ランク最高29位の安藤みなみ、早稲田大学で春秋リーグ・インカレと3冠達成の德永美子とタレント揃いのチーム構成だ。今季からはそこに全日学ダブルス3位の竹本朋世が加わった。

写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部
写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ・日本ペイントマレッツの松平志穂、デンソーから移籍した永尾尭子を擁する強豪サンリツを相手に安藤、加藤知秋、德永が勝利し、貴重な開幕白星を掴み取った。

写真:安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部
写真:安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

今大会は新型コロナウイルスの影響で形式が変更になり、4シングルスで引き分けありの団体戦となっている。

試合後、十六銀行卓球部の河田靖司監督は「来る前は上位チームとは引き分けでも良いと思っていたが、2部の星取表を見ていると、引き分けは負けに等しいイメージで、勝たないと順位をあげていけない。この試合はめちゃくちゃでかい」と安堵の表情で試合を振り返った。

写真:アドバイスを送る十六銀行卓球部の河田靖司監督(写真中央)/撮影:ラリーズ編集部
写真:アドバイスを送る十六銀行卓球部の河田靖司監督(写真中央)/撮影:ラリーズ編集部

徳永が殊勲の白星

3番シングルスでフルゲームの末、德永が松平を下し、チームを勝利に導いた。日本リーグは、ゲームカウント2-2になると5ゲーム目は6-6から始まる形式がとられる。河田監督はそのルールにも触れながら德永の殊勲の勝利を称えた。「德永は2-2の6-6の試合はうち(十六銀行)に来てからは負けなし。最後も期待通りにやってくれた」。

德永美子
写真:德永美子(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

徳永本人は「松平さんは今まで違うステージ(Tリーグ)で戦っていて、高校生のとき以来戦ったことがなかった。思い切ってできてよかった」と胸をなで下ろした。

写真:松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部
写真:日本ペイントマレッツから加入した松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

主将の加藤知秋は満身創痍の中プレー

十六銀行卓球部主将の加藤知秋は、2番シングルスで三村優果(サンリツ)にゲームカウント3-0で勝利した。加藤の右腕にはテーピングが巻かれており、「怪我をして直前あまり練習できていなくて、ぎりぎり間に合ってよかった」と満身創痍の中、昨年の後期日本リーグで敗れた三村にリベンジを果たした。

加藤知秋
写真:右腕にテーピングが巻かれた加藤知秋(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

「チームが勝てたのはすごく良かった。4シングルス形式は初めてですし、会場自体の雰囲気も違うので戸惑いはあった」とコロナの影響でベンチに入れるのは1台2人まで、無観客開催のため応援の声も少ない中での戦いを振り返った。

写真:加藤知秋(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部
写真:加藤知秋(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

また、加藤知秋は、これで通算勝利ポイントが20Ptとなり、ゴールデンラケット賞を受賞した。「あと1勝で気にすると固まっちゃうので気にしないようにした。直近の全国規模の試合は全日本で、そこでは良い試合ができていたので、自信をもって楽しもうと思った」と全日本シングルス初のランク入りを自信に変え、プレーする。

勝利の裏には入念な準備

河田監督は、今回の後期日本卓球リーグに向けての入念な準備が功を奏したと語る。「7時50分開場、9時試合開始の時間に合わせた練習もしてきましたし、2台進行の団体戦もいろんなチームとやってきた。練習してきたことが活かされている」。

写真:德永美子(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部
写真:德永美子(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

日本卓球リーグ2部のオークワや、東海学生リーグの強豪・愛知工業大学などと日本リーグ形式の団体戦での準備を積んできたといい、「監督が他のチームとこの形式で団体戦をしていたので、入る前も慌てることなくできた」(德永)と選手たちも準備の大切さを実感している。

十六銀行は、昨季の後期日本リーグで5位だったため、13日は上位チームとの対戦が組まれている。「良いスタートが切れましたけど、最初3試合が勝負だと思って来た。気を引き締めて頑張ります」と河田監督は勝って兜の緒を締めた。

【3日目】女子1部 1試合目

サンリツ 1-3 〇十六銀行

永尾尭子 0-3 〇安藤みなみ
三村優果 0-3 〇加藤知秋
松平志穂 2-3 〇德永美子
〇平侑里香 3-0 山本怜

〇中国電力 4-0 広島日野自動車

〇土`田 美佳 3-0 切石 沙織
〇宋恵佳 3-0 高橋 美帆
〇庄司有貴 3-0 伊丹風薫
〇成本綾海 3-0 三輪咲里南

〇デンソー 3-1 エクセディ

野村萌 1-3 〇浅井一恵
〇森田彩音 3-0 玉石美幸
〇阿部愛莉 3-2 出雲美空
〇馬克 3-0 竹前裕美子

昭和電工マテリアルズ – 愛媛銀行

鈴木李茄 3-0 長尾美佳
牛嶋星羅 3-1 吉田優海
平真由香 3-0 池上玲子
田口瑛美子 3-1 前瀧初音

特集・十六銀行

十六銀行
写真:十六銀行メンバー/撮影:ハヤシマコ

>>【特集】タレント揃いの年間王者 十六銀行卓球部の魅力に迫る

山本怜に10Quiz

男子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
12943 pt
2
許キン(中国)
12082 pt
3
馬龍(中国)
11914 pt
1
張本智和(日本)
9093 pt
2
丹羽孝希(日本)
6605 pt
3
水谷隼(日本)
6332 pt
女子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
13825 pt
2
孫穎莎(中国)
11480 pt
3
伊藤美誠(日本)
11081 pt
1
伊藤美誠(日本)
11081 pt
2
石川佳純(日本)
7770 pt
3
平野美宇(日本)
7487 pt