昨年の前後期1位対決はドロー 山本怜、ラストで青森山田OG対決制す | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 昨年の前後期1位対決はドロー 山本怜、ラストで青森山田OG対決制す

2020.11.14 文:ラリーズ編集部

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日~11月15日 熊本県立総合体育館>

14日、後期日本卓球リーグ熊本大会は4日目を迎え、女子1部では第4試合が行われた。昨年の前期リーグ優勝の十六銀行と後期リーグ優勝の中国電力という対決がここで実現した。結果は、マッチカウント2-2の引き分けとなった。

>>協和キリン、新たな歴史の第1歩 主将・松平「歴代の先輩に感謝」

中国電力vs十六銀行は大熱戦

今大会ここまで3戦3勝の中国電力と、2勝1敗の十六銀行の対決は、昨年のJTTLファイナル4決勝の組み合わせでもある。その際は、5マッチ中4マッチがフルゲームの接戦を十六銀行がマッチカウント3-2で勝利を収めており、今回の試合も熱戦が予想された。

宋恵佳
写真:1番シングルスに臨んだ宋恵佳(中国電力・写真奥)/撮影:ラリーズ編集部

中国電力は7年目の宋恵佳、主将の土`田美佳を、十六銀行は德永美子と安藤みなみの2年目コンビを前半に起用した。

安藤みなみ
写真:エースとして全勝を続ける安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

十六銀行エースの安藤は、変化のわかりづらいサービスと持ち味であるフォアスマッシュで土`田を打ち崩し、ゲームカウント3-1で勝利を飾った。一方、1番シングルスは徳永がゲームカウント2-0とリードするも、後半勢いに乗った宋を止められずフルゲームで敗戦。前半戦は1-1で折り返した。

宋恵佳
写真:1番シングルスで逆転勝利した宋恵佳(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

後半は、3番シングルスで左バック表の成本綾海(中国電力)と主将の加藤知秋(十六銀行)が対戦し、4番シングルスでは庄司有貴(中国電力)と山本怜(十六銀行)の青森山田OG対決となった。

成本綾海
写真:成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

3番シングルスでは、激しいラリー戦となるもしゃがみこみサービスで要所を締めた成本がストレート勝ち。勝負の行方は4番シングルスに託された。

山本怜
写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

青森山田高校OGで2013年卒の庄司と2014年卒の山本の先輩後輩対決は、巧みなカット打ちで攻略した山本に軍配が上がった。この結果、十六銀行と中国電力の注目の1戦はマッチカウント2-2の引き分けに終わった。

ラストでチームを救う勝利をあげた山本は「昨日最初個人として2連敗していて、最後勝てて良くなってきたかなと思い(今日の試合に)挑んだんですけど、1ゲーム目は自信なくて取られてしまった。でもすぐに切り替えられたので、昨日の1勝があっての今日だったのが良かった」と気持ちを切り替えを勝因としてあげた。

山本
写真:山本怜(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

十六銀行の河田靖司監督は「負けに等しい引き分けと勝ちに等しい引き分けがあると思うんですけど、どちらにも寄らない引き分けというイメージ。中電さんまでの試合を五分でいきたいと思っていたところで、2勝1敗1分なので十分及第点です」と全7試合のリーグ戦の前半戦を総括した。

松平志穂、徐々に復調模様

サンリツでは、Tリーグ・日本ペイントマレッツから加入した松平志穂がプレーしている。松平は、初め2戦で連敗を喫するも今回の広島日野自動車戦を含めて2勝をあげ、4戦で個人2勝2敗の成績となっている。

松平志穂
写真:松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

「日本リーグで戦うのが初めてで、自分的には緊張してないつもりだったんですけど、あまり自分らしいプレーができず波に乗れなかったのが敗因だった。どんなプレーでも点数をとればいいという気持ちが大事だと感じました」と日本リーグ独特の緊張感に飲まれ、思ったようなプレーができなかったと振り返った。

松平は「やっとリラックスしてちょっとずつ調子が上がっている。ここからは(勝利した)前の2試合みたいに構えすぎないようにやっていけたら」と今後の試合に目を向けた。

松平志穂
写真:松平志穂(サンリツ)/撮影:ラリーズ編集部

女子1部 4試合目

中国電力 2-2 十六銀行

〇宋恵佳 3-2 德永美子
土`田美佳 1-3 〇安藤みなみ
〇成本綾海 3-0 加藤知秋
庄司有貴 1-3 〇山本怜

〇デンソー 3-1 愛媛銀行

森田彩音 1-3 〇池上玲子
野村萌 3-1 前瀧初音
〇小道野結 3-0 長尾美佳
〇馬克 3-2 吉田優海

〇サンリツ 4-0 広島日野自動車

永尾尭子 3-0 三輪咲里南
平侑里香 3-1 伊丹風薫
松平志穂 3-0 高橋美帆
秋田佳菜子 3-2 切石沙織

昭和電工マテリアルズ 2-2 エクセディ

鈴木李茄 1-3 〇浅井一恵
〇田口瑛美子 3-1 佐藤優衣
〇牛嶋星羅 3-2 出雲美空
平真由香 2-3 〇玉石美幸

女子1部 現在の勝敗

中国電力:3勝0敗1分
昭和電工マテリアルズ:2勝1敗1分
デンソー:4勝0敗0分
サンリツ:1勝2敗1分
十六銀行:2勝1敗1分
エクセディ:1勝2敗1分
愛媛銀行:0勝3敗1分
広島日野自動車:0勝4敗0分

特集 十六銀行

十六銀行

>>【特集】タレント揃いの年間王者 十六銀行卓球部の魅力に迫る

男子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
12943 pt
2
許キン(中国)
12082 pt
3
馬龍(中国)
11914 pt
1
張本智和(日本)
9093 pt
2
丹羽孝希(日本)
6605 pt
3
水谷隼(日本)
6332 pt
女子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
13825 pt
2
孫穎莎(中国)
11480 pt
3
伊藤美誠(日本)
11081 pt
1
伊藤美誠(日本)
11081 pt
2
石川佳純(日本)
7770 pt
3
平野美宇(日本)
7487 pt