愛工大4年・松山祐季が有終V「全国優勝はカブ以来で嬉しい」<卓球・全日学選抜> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:優勝を決め、ガッツポーズを見せる松山祐季(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 愛工大4年・松山祐季が有終V「全国優勝はカブ以来で嬉しい」<卓球・全日学選抜>

2020.11.29 文:ラリーズ編集部

<卓球・2020年全日本学生選抜強化大会 11月28、29日 横浜武道館>

11月29日、全日本学生選抜強化大会が最終日を迎え、男子シングルスで松山祐季(愛知工業大)が優勝を果たした。

新型コロナウイルスの影響で、学生の全国大会は全て中止となっており、今大会が今年度最初で最後の大学生の全国大会となったが、全国から集った学生選手たちがトップクラスのプレーを見せた。

>>松山祐季(T.T彩たま/愛知工業大学)の用具紹介|俺の卓球ギア#31

明治大勢の圧倒的存在感

予選リーグを終え、各リーグの1位である32人が決勝トーナメントに臨んだ。

津村優斗
写真:遠藤碧人(専修大)にフルゲーム勝ちした津村優斗(関西大)/撮影:ラリーズ編集部

男子シングルスでは、32人中24人が関東勢、6人が愛知工業大勢が占める中、関西学生チャンピオンの津村優斗(関西大)と1年生カットマン大城萩一(朝日大)が関東勢を下しベスト16に入り、存在感を見せた。

大城萩一(朝日大)
写真:永田佳大(日本体育大)に勝利した大城萩一(朝日大)/撮影:ラリーズ編集部

24人の関東勢の中で圧倒的な存在感を放ったのは、水谷隼、丹羽孝希ら日本代表を輩出してきた名門・明治大学だ。

写真:野田学園高卒の宮川昌大(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:野田学園高卒の宮川昌大(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

ルーキーの宮川昌大(明治大)が第1シードの木造勇人(愛知工業大)に3-0のストレートで勝利し、ベスト4入り。3年生左腕の西康洋(明治大)は、第2シードの田中佑汰(愛知工業大)に打ち勝ち、ベスト8に入った。

写真:西康洋(明治大)/撮影:ラリーズ編集部
写真:西康洋(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

結果、ベスト8のうち、宮川、西の他に戸上隼輔、出雲卓斗が入り、半数の4名を明治大が占める結果となった。

松山祐季が有終のV

準決勝に勝ち残ったのは、戸上、宮川の野田学園高卒の明治大ルーキーコンビと、松山祐季、髙見真己の愛知工業大コンビだ。松山、髙見はダブルスを組み、全日本選手権準優勝の経験を持ち、Tリーグ・T.T彩たまでもプレーしている。

髙見真己
写真:髙見真己(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

髙見は宮川と、松山は戸上との対戦となったが、ともに勝利。決勝は同士討ちの乱打戦の末、4年の松山が3年の高見を下し、有終の美を飾った。

松山
写真:松山祐季(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、松山は準決勝の戸上戦について、「戸上の強い試合しか最近見ていなかったので、戸上戦は正直勝てると思ってなかった。ノンプレッシャーでやったらたまたま上手くいった」と無心の勝利だったことを明かす。

戸上隼輔
写真:優勝候補筆頭だった戸上隼輔(明治大)は松山に苦杯/撮影:ラリーズ編集部

「全国優勝はカブ以来なので嬉しいです。今大会、最初はあまり調子はよくなかったんですけど、試合を重ねるごとにどんどん調子を上げることができたことが優勝の要因」と笑顔で振り返った。

1月に開催が予定されている全日本選手権については「戸上に勝つことができて自信になったので、まずはベスト8を狙ってベスト4以上に入れたら」と意気込みを語った。

男子シングルス結果

準決勝

宮川昌大(明治大) 2-3 〇髙見真己(愛知工業大)
10-12/11-7/7-11/11-8/8-11

〇松山祐季(愛知工業大) 3-0 戸上隼輔(明治大)
11-9/11-2/11-7

決勝

髙見真己 2-3 〇松山祐季
12-14/11-6/9-11/11-6/7-11

男子シングルス最終順位

松山・高見
写真:松山祐季(写真左)・髙見真己(ともに愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

優勝:松山祐季(愛知工業大)
準優勝:髙見真己(愛知工業大)
ベスト4:戸上隼輔、宮川昌大(ともに明治大)
ベスト8:柏友貴(中央大)、出雲卓斗(明治大)、手塚元彌(法政大)、西康洋(明治大)

>>【T.T彩たま】優勝請負人・松山祐季がT参戦「琉球戦が楽しみ」

男子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
12943 pt
2
許キン(中国)
12082 pt
3
馬龍(中国)
11914 pt
1
張本智和(日本)
9093 pt
2
丹羽孝希(日本)
6605 pt
3
水谷隼(日本)
6332 pt
女子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
13825 pt
2
孫穎莎(中国)
11480 pt
3
伊藤美誠(日本)
11081 pt
1
伊藤美誠(日本)
11081 pt
2
石川佳純(日本)
7770 pt
3
平野美宇(日本)
7487 pt