大経法大、大成蹊大が1部残留を決める 京産大は男女で1部復帰<関西学生卓球秋季リーグ入れ替え戦> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:皆川優香(大阪成蹊大)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 大経法大、大成蹊大が1部残留を決める 京産大は男女で1部復帰<関西学生卓球秋季リーグ入れ替え戦>

2022.09.14

文:ラリーズ編集部

<令和4年度関西学生卓球秋季リーグ戦入れ替え戦 日程:9月13日 場所:ベイコム総合体育館>

13日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館では、先日行われた関西学生卓球秋季リーグ戦の入れ替え戦が行われた。

女子・大阪成蹊大は1本も落とさない快勝

女子1部7位の大阪成蹊大学と2部2位の武庫川女子大学の試合は、トップで吉村海華(大阪成蹊大)がフルゲームの激闘を制し、大阪成蹊大学が先制。そこから勢いに乗った大阪成蹊大学は、2番の村上愛、3番の後藤里沙、そしてダブルスの後藤里沙/皆川優香ペアが連続で白星を挙げ、マッチカウント4-0で勝利。昇格組の大阪成蹊大学が1部残留を決めた。


写真:西田光輝(大阪経済法科大)/撮影:ラリーズ編集部

男子では、1部7位の大阪経済法科大学と2部2位の天理大学が対戦。1番でフォア面に表ソフトラバーを使用する刘唯一(大阪経済法科大)が山本陸人(天理大)をストレートで下すと、2番の西田光輝(大阪経済法科大)はフルゲームの接戦を制して大阪経済法科大学が幸先のいいスタートを切る。

続く3番では水口颯天(天理大)が1点を返すも、ダブルスの西田光輝/久一玲之(大阪経済法科大)ペア、4番の赤塚玲麻(大阪経済法科大)が連続で勝利を挙げ、マッチカウント4-1で大阪経済法科大学が勝利。1部残留を決めた。


写真:中村華子(京都産業大学)/撮影:ラリーズ編集部

男子1部・2部では他に、京都産業大学が佛教大学と自動で入れ替わり、1部リーグ復帰を果たした。女子1部・2部でも京都産業大学が近畿大学と入れ替わりでの1部復帰となった。

2部・3部では、男子は甲南大学が京都大学を下して2部残留、女子は大阪樟蔭女子大学が京都華頂大学との総力戦を制して2部残留を決めている。

3部・4部は、男子で芦屋大学が3部残留を決める一方、関西外国語大学が兵庫県立大学に勝利して3部昇格を果たした。女子では兵庫県立大学が棄権となったため、4部優勝の和歌山大学が自動昇格となり、奈良教育大学を下した京都教育大学が3部残留を決めた。

男子1部・2部入れ替え戦

〇大阪経済法科大学 4-1 天理大学

〇刘唯一 3-0 山本陸人
〇西田光輝 3-2 佐々木健吾
玉田奨真 1-3 水口颯天〇
〇西田光輝/久一玲之 3-1 山本陸人/小橋健人
〇赤塚玲麻 3-0 小橋健人
道広悠斗 – 天神林朋
久一玲之 – 大谷智志

※大阪経済法科大学が1部残留

男子2部・3部入れ替え戦

〇甲南大学 4-2 京都大学

後藤蓮 0-3 佐々木大智〇
川﨑裕介 2-3 谷口遼馬〇
〇川西詠 3-0 正田大河
〇川﨑裕介/薄井陸帆 3-0 谷口遼馬/栗山遼也
〇薄井陸帆 3-0 栗山遼也
〇小谷柊二 3-0 白亦加
川畑優斗 – 楊佳明

※甲南大学が2部残留

男子3部・4部入れ替え戦

〇芦屋大学 3-2 大阪経済大学

※芦屋大学が3部残留

兵庫県立大学 0-3 関西外国語大学〇

※関西外国語大学が3部に昇格

女子1部・2部入れ替え戦

〇大阪成蹊大学 4-0 武庫川女子大学

〇吉村海華 3-2 渡邊結衣
〇村上愛 3-1 高田菜々子
〇後藤里沙 3-0 増本いさ
皆川優香/後藤里沙 3-0 岡井瑞姫/渡邊結衣
皆川優香 – 小阪天海
百瀬綺音 – 岡井瑞姫
木山華 – 城田涼花

※大阪成蹊大学が1部残留

女子2部・3部入れ替え戦

〇大阪樟蔭女子大学 4-3 京都華頂大学

不戦勝 L-W 上間はるな〇
〇西口凜 3-0 市川結衣
滝谷叶悠 0-3 續橋千帆〇
〇山下あい/山手菜々 3-2 中村しずな/續橋千帆
西村歌音 2-3 中村しずな〇
〇山下あい 3-1 重安七穂
〇山手菜々 3-0 服部遥香

※大阪樟蔭女子大学が2部残留

女子3部・4部入れ替え戦

兵庫県立大学 L-W 和歌山大学〇

※兵庫県立大学の棄権により和歌山大学が3部に自動昇格

【動画】潜入・大学卓球部

潜入・大学卓球部

>>【特集】潜入・大学卓球部

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt