絶対王者の6連覇か それとも新王者誕生か<卓球・全国高校選抜最終日見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:濵田一輝(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 絶対王者の6連覇か それとも新王者誕生か<卓球・全国高校選抜最終日見どころ>

2021.03.27 文:ラリーズ編集部

<第48回全国高校選抜卓球大会 2021年3月26日~28日 三重・サオリーナ>

全国高校選抜卓球大会2日目が終了した。男女学校対抗と男女シングルス2部の準々決勝までが終わり、それぞれの4強が出揃った。

男子学校対抗準決勝組み合わせ

愛工大名電(愛知) – 鶴岡東(山形)
遊学館(石川) – 野田学園(山口)

男子学校対抗準決勝① 愛工大名電vs鶴岡東


写真:篠塚大登(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

男子学校対抗では、5連覇中の絶対王者・愛工大名電(愛知)が、1試合も落とさずにストレートで2回戦から準々決勝までを勝ち上がった。

今大会では、今年の全日本選手権ジュニアの部チャンピオンの濵田一輝、準優勝の鈴木颯、ベスト4の篠塚大登、ベスト8の谷垣佑真、昨年の王者・吉山僚一を起用しており、ベンチには今年の全日本ジュニアベスト4の岡野俊介も控えている。層の厚さは頭1つ抜けている。


写真:吉山僚一(愛工大名電)/撮影:ラリーズ編集部

その愛工大名電に準決勝で挑むのは鶴岡東(山形)だ。

2年生の櫻井倭が今大会全勝とエースの役割を全うしている。準々決勝の明豊(大分)戦では、5番シングルスでゲームカウント0-2と追い込まれた場面から大逆転し、鶴岡東を4強へと導いた。準決勝で名電の壁を超えられるか。


写真:櫻井倭(鶴岡東)/撮影:ラリーズ編集部

男子学校対抗準決勝② 遊学館vs野田学園

もう1つの準決勝では遊学館(石川)と野田学園(山口)の名門校が激突する。


写真:三浦裕大(遊学館)/撮影:ラリーズ編集部

遊学館は初戦となった2回戦で育英(兵庫)と3-2、準々決勝も静岡学園(静岡)と3-2と接戦をくぐり抜けて勝ち上がってきた。エースとしてここまで全勝の三浦裕大がキーマンとなるだろう。

対する野田学園は、徳田幹太、飯村悠太、今泉蓮の3人が1点ずつを取り、全試合3-1勝ちで準決勝に駒を進めてきた。決勝へと勝ち上がり、第41回大会以来の優勝へと歩みを進められるか。


写真:徳田幹太(野田学園)/撮影:ラリーズ編集部

女子学校対抗準決勝組み合わせ

四天王寺(大阪) – 明徳義塾(高知)
就実(岡山) – 桜丘(愛知)

女子準決勝① 四天王寺vs明徳義塾


写真:大藤沙月(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

女子5連覇中の四天王寺が突出している。ここまで2回戦から準々決勝まで3試合を戦い、団体戦はオール3-0で勝利している。個人も大藤沙月が1ゲームを落とした以外は全員3-0のストレート勝ちと王者の名にふさわしい試合を見せている。


写真:白山亜美(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

対するは高知の強豪・明徳義塾だ。2021年の全日本選手権ジュニアの部でベスト4に輝いた1年生、白山亜美がチームを牽引する。白山は、全日本ジュニアでは荻井菜津子、中森帆南と四天王寺勢を下しており、彼女の活躍が鍵を握ることは間違いないだろう。

また、青井さくら(明徳義塾)も敗れはしたものの、全日本ジュニアで菅澤柚花里(四天王寺)とフルゲームの接戦を演じており、どのような対戦になるのかオーダーから注目だ。

女子学校対抗準決勝② 就実vs桜丘

もう1つの準決勝は就実(岡山)と桜丘(愛知)の組み合わせとなった。

就実は、地元で勢いづく白子(三重)を準々決勝でシャットアウトし、4強入りを果たした。エースとして2点起用されている枝廣愛(就実)が勝ち星をあげられるかがまずはポイントとなる。


写真:枝廣愛(就実)/撮影:ラリーズ編集部

対するは前回大会準優勝の桜丘だ。その準優勝を経験したメンバーはいないが、初戦となった2回戦、そして準々決勝とともに3-2の大激戦を制している。1年生カットマンの小林りんご、同じく1年生で今大会全勝の野村光ら各試合でヒロインが誕生しており、チーム力で頂点まで駆け上がれるか。


写真:野村光(桜丘)/撮影:ラリーズ編集部

男女シングルス(2部)

全国高校選抜では、各都道府県各1名と、開催県1名の計48名で争われるシングルス(2部)が行われる。

シングルス2部は、各都道府県の上位2校(全国選抜推薦校を含む)は出場できず、また、学校対抗への出場権を有する学校の選手も出場できない。さらに過去にインターハイや国体、全日本に出場した選手も参加資格を持たない。つまり、これまで各県の名門校に全国行きを阻まれてきた隠れた逸材にチャンスがあり、スポットライトが当たる競技となっている。

そのため、私立強豪校ではなく、公立高校や進学校の実力者が出場することも多い。今大会もすでにベスト4が出揃い、28日には準決勝、決勝が行われる。こちらも注目だ。

男子シングルス(2部)準決勝組み合わせ

萬駿介(市立浦和南) – 本坊啓史朗(市川)
池田暁仁(関商工) – 小松敏輝(岩村田)

女子シングルス(2部)準決勝組み合わせ

小宮山朋香(新潟青陵) – 勝田芽依(川崎橘)
池松怡(大阪朝高) – 芝田有里(敦賀)

ライブ配信はこちら


写真:大会2日目の試合が終了後、ラボライブのレイアウト変更を手伝う岡山・関西高校と大阪・上宮高校の選手たち/撮影:ラリーズ編集部

>>ライブ配信サイト ラボライブ

全国選抜関連記事

>>偏差値70の兵庫高が全国1勝 “卓球偏差値50”目指した意識改革実る<全国高校選抜>

Rallys読者アンケート実施中

Rallys読者アンケート実施のお知らせ

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt