早稲田大、準決勝へ "4年生コンビ"と"スーパールーキー"が活躍<卓球・インカレ女子準々決勝> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:杉田陽南(早稲田大学)/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 早稲田大、準決勝へ “4年生コンビ”と“スーパールーキー”が活躍<卓球・インカレ女子準々決勝>

2021.07.03 文:ラリーズ編集部

<第90回全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部) 7月1日~4日 場所:島津アリーナ京都>

7月3日、全日本大学総合卓球選手権大会・団体の部(以下、インカレ)の大会3日目が行われた。女子決勝トーナメント準々決勝では、早稲田大学と同志社大学が激突。優勝候補に挙げられていた両校の対決は、早稲田大学が同志社大学をマッチカウント3-1で下し、準決勝進出を決めた。


写真:笹尾明日香(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

早稲田大学は前回優勝の愛知工業大学を2回戦で下していた。勢いそのままに4年生の笹尾明日香のシングルスと笹尾明日香/岩越帆香の4年生ダブルス、4番シングルスの1年生・杉田陽南が勝利した。杉田は今大会無敗とスーパールーキーとしての活躍を存分に見せている。

準決勝では木村香純と出澤杏佳を擁する専修大学と対戦する。

女子決勝トーナメント準々決勝結果


写真:岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大学)/撮影:ラリーズ編集部

〇早稲田大学 3-1 同志社大学

〇笹尾明日香 3-0 三浦千緋呂
黒野葵衣 1-3 本井明梨〇
〇岩越帆香/笹尾明日香 3-0 本井明梨/原田夏鈴
〇杉田陽南 3-0 原田夏鈴
岩越帆香 – 野上つぼみ

専修大学卓球部女子 インタビュー動画

インカレ大会報道記事

>>インカレその他の試合の結果はこちら

Rallysオリジナルグッズ

>>「Rallys × パンダーニ」コラボユニフォーム登場!現代卓球はついにウェアへ、5つのこだわり

>>Rallysラバー製作中「RED MONKEY(レッドモンキー)」専用サイトオープン!

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt