専修大・加藤監督「目指しているのは日本一」 来季への抱負も<秋季関東学生卓球リーグ戦> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:専修大表彰式/撮影:ラリーズ編集部

大会報道 専修大・加藤監督「目指しているのは日本一」 来季への抱負も<秋季関東学生卓球リーグ戦>

2022.09.13

文:ラリーズ編集部

<令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦 日程:2022年9月~10月(予定) 場所:所沢市民体育館、代々木第2体育館、他>

令和4年度秋季関東学生卓球リーグ戦女子1部は、専修大が大混戦を制して優勝を飾った。春季リーグの優勝決定戦で敗北した中央大に対し、最終戦で勝利し雪辱を果たした。

最終戦後、専修大の加藤充生樹監督が取材に応じた。

専修大学・加藤充生樹監督コメント

優勝した率直な感想は

本当に嬉しい。今まで、惜しいところまでいっても届かない試合が多かった中で、優勝できて本当に良かった。

優勝した要因は

4年生が中心となって多くの場面を乗り越えられたことが今回、全勝とはいかずとも優勝できた要因だと思う。

どの試合がポイントだったか

本来は全勝でいきたかったが早稲田との試合で負けてしまって、厳しいかなと感じていたが、運の要素もあり、直接対決で勝利すれば優勝だという場面で勝ち切ることができた。

中央大とは春季リーグで敗北していて、そのときは1ゲーム目を先取されて、2、3ゲームと相手に対応しきれず間に合わなかった。今回は1ゲーム目から色々な戦術を試して、自分のやることを明確にしようと臨んだことが勝利につながった。

監督として今後の目標は

4年生が抜けて戦力はパワーダウンするが、目指しているのは日本一。それを達成するために底上げというかチーム一丸となって頑張っていきたい。

女子1部最終結果

1位 専修大学:6勝1敗 ※9シーズンぶり(中断期間を除く)43回目の優勝
2位 日本体育大学:5勝2敗
3位 中央大学:5勝2敗
4位 早稲田大学:4勝3敗
5位 東京富士大学:3勝4敗
6位 東洋大学:2勝5敗
7位 日本大学:2勝5敗 ※入れ替え戦へ
8位 筑波大学:1勝6敗 ※2部降格

女子1部個人賞

殊勲賞:出澤杏佳(専修大学)


写真:出澤杏佳(専修大)/撮影:ラリーズ編集部

敢闘賞:稲吉美沙(日本体育大学)


写真:稲吉美沙(日本体育大学)/撮影:ラリーズ編集部

最優秀ペア賞:船場清華/出澤杏佳(専修大学)


写真:船場清華/出澤杏佳(専修大学)/撮影:ラリーズ編集部

優秀選手賞

出澤杏佳(専修大学)
稲吉美沙(日本体育大学)
黒野葵衣(早稲田大学)

特別賞(過半数が1部の成績の選手)

黒野葵衣(早稲田大学)
岡崎日和(東洋大学)
宮﨑翔(青山学院大学)

【動画】専修大学、9季ぶり43回目の優勝

【動画】潜入・大学卓球部

潜入・大学卓球部

>>【特集】潜入・大学卓球部

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt