神戸松蔭女子学院大ペア、2回戦へ<卓球・全日学2019 女子ダブルス> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:厚地うらら(写真右)と秋山有紀(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 神戸松蔭女子学院大ペア、2回戦へ<卓球・全日学2019 女子ダブルス>

2019.10.25 文:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合選手権大会(個人の部)2019年10月25日(木)~10月27日(日)>

25日、大学生No.1を決める全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)か開幕した。女子ダブルス1回戦で厚地うらら/秋山有紀(神戸松蔭女子学院大)ペアが永野友希/西丸由唯(志学館大)ペアと対戦。ゲームカウント3-0で厚地/秋山ペアが勝利を収めた。

神戸松蔭女子学院大学2年の厚地は鹿児島女子高校の出身。2015,2017年度インターハイ女子シングルス出場を果たしている。パートナーである1年の秋山も名門、明徳義塾高校の出身で2018年度インターハイ女子シングルス出場者だ。共に日本リーガーでもある。また、神戸松蔭女子学院大学はTリーガーの打浪優を輩出した名門校だ。

第1ゲーム、相手の永野/西丸ペアの回転量の多いフォアドライブに苦しめられる展開が多く、デュースまでもつれこんだが13-11でなんとかセットをものにする。接戦になる展開が予想されたが、続く第2、3ゲームは、厚地/秋山ペアが下回転サーブでのサービスエースでペースを掴む。そこから、相手のドライブの回転にも対応して丁寧につなぐ展開に持ち込み、終始主導権を握ったままストレート勝ちを決めた。

>>Tリーガーも多数参戦 学生女王に輝くのは誰か<全日学・女子見どころ>

試合後のコメント


写真:厚地うらら(写真左)と秋山有紀(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

試合を振り返ってもらうと、厚地は「1試合目だったんで少し緊張したんですけど、2人でちゃんと役割分担してしっかりできたと思います」。秋山は「自分の役割をしっかりして、パートナーを信じてつないだんで、勝ててよかったと思います」と役割分担をきっちりして試合に臨んだことを語った。

本大会への意気込みを聞くと、厚地は「1戦1戦ちゃんと2人で力を合わせて戦っていきたいです」。秋山は「練習でやってきたことを100%以上出せるように、パートナーを信じてやっていきたいと思います」と話した。

次戦は、早稲田大学の鎌田那美/金子碧衣ペアとの対戦となる。地元関西勢として、どこまで勝ち進んでいけるのか注目だ。

>>「スタート遅くてもプロになれる」現役女子大生Tリーガーの誕生秘話

男子ランキング
2020.09.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt