【卓球】張本智和、伊藤美誠アベック優勝なるか ともに中国勢と決戦<香港OP> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・香港オープン
2019年6月4日~2019年6月9日・香港
2019.06.09

【卓球】張本智和、伊藤美誠アベック優勝なるか ともに中国勢と決戦<香港OP>

写真:張本智和(木下グループ・左)、伊藤美誠(同7位・スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・香港オープン 2019年6月4日~6月9日>

8日の香港OPは、男女シングルスの準決勝までが行われ、日本勢では男子シングルスで張本智和(6月世界ランキング4位・木下グループ)が、女子シングルスでは伊藤美誠(同7位・スターツ)がともに決勝進出を決めた。

男子シングルスは、準々決勝で張本智和と水谷隼(同14位・木下グループ)の日本人対決が実現。この対決を張本智和が4-1で制すると、張本は続く準決勝で中国の周雨(同61位)を4-1で撃破。9日の決勝進出を決めた。

女子シングルスは準々決勝を突破した平野美宇(同9位・日本生命)と伊藤美誠が準決勝で対戦した。序盤2ゲームがデュースにもつれるが、ともに伊藤が競り勝ち、その勢いのまま伊藤が4-2で勝利。決勝進出を決めた。準々決勝に進出していた芝田沙季(同13位・ミキハウス)は中国の王藝迪(同46位・中国)に2-4で惜しくも敗れた。

9日 決勝のカードは

男子シングルス決勝、張本の相手は世界ランク2位、中国の林高遠だ。昨年末、張本が優勝したグランドファイナル決勝の再現となった。張本にとって今年初のタイトルへ期待がかかる。

女子シングルス決勝は、伊藤美誠と王藝迪のカードとなった。両選手は1週間前の中国OPでも対戦し、そのときは伊藤が4-3で勝利。伊藤にとって昨年のスウェーデンOP以来の優勝へ、最後の壁は中国だ。

また、男子ダブルス決勝は梁靖崑(同7位・中国)/林高遠ペアと張禹珍(同10位・韓国)/林鐘勲 (同21位・韓国)ペア、女子ダブルス決勝は陳可(同143位・中国)/木子(同240位・中国)ペアと田志希(同17位・韓国)/劉恩寵(同158位・韓国)ペアというカードに。男女ダブルスはともに中韓対決となった。

9日はいよいよ香港OPの最終日、日中韓の精鋭によるタイトル争いに注目だ。

香港OP 5日目 日本男子選手の結果

<男子シングルス準々決勝>
○張本智和 4-1 水谷隼
13-11/10-12/11-4/11-7/11-9

<男子シングルス準決勝>
○張本智和 4-1 周雨(中国)
11-8/5-11/11-9/11-5/11-8

香港OP 5日目 日本女子選手の結果

<女子シングルス準々決勝>
○平野美宇 4-1 馮天薇(シンガポール)
11-9/11-8/12-10/9-11/11-9

芝田沙季 2-4 ○王藝迪(中国)
6-11/13-15/11-5/12-10/4-11/7-11

○伊藤美誠 4-1 ポルカノバ(オーストリア)
11-8/9-11/12-10/14-12/13-11

<女子シングルス準決勝>
○伊藤美誠 4-2 平野美宇
18-16/12-10/11-6/9-11/6-11/11-7

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US