早田ひな「まずは楽しみたい」 予選快勝で決勝トーナメントへ<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・ジャパンオープン
2019年6月12日~2019年6月16日・札幌
2019.06.13

早田ひな「まずは楽しみたい」 予選快勝で決勝トーナメントへ<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯>

写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

13日、ジャパンオープン2日目、女子シングルス予選3回戦が行われた。早田ひな(6月世界ランキング35位・日本生命)は、曾尖(同64位・シンガポール)と決勝トーナメント進出をかけ対戦し、ゲームカウント4-1で快勝した。

2ゲーム目こそ落としたものの、巻き込みサーブから早い打点のバックハンドドライブや、威力ある強烈なフォアドライブで得点を積み重ねる。5ゲーム目の8-10相手リードの場面では、鋭いフォアカウンターで会場を沸かせ、そのまま逆転で第5ゲームを奪い勝利した。その結果、早田は明日14日より行われる決勝トーナメントへと駒を進めた。

試合後の早田ひなコメント


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

試合後、早田は「(曾尖と)以前対戦したのが一年前だったので、最初様子見の部分もあり上手く自分のいつも通りのプレーが出せない感じがあった。相手も私に打たれないように戦術を変えてきた中で、5ゲーム目6-10から開き直って自分らしいプレーができたというのは自信になった」と5ゲーム目の逆転を含め、試合全体を振り返った。

決勝トーナメントへの意気込みを聞かれ「トップレベルの選手との試合なので、まずは楽しみたい。自分らしいプレーを100%出せるよう頑張りたい」とコメント。「ジャパンオープンでたくさんの人に1試合でも多くお見せ出来たらいいと思うので、1戦1戦気合を入れて頑張りたい」とも語った早田の試合に明日以降も注目だ。

ジャパンOP2日目 女子シングルス予選結果

〇早田ひな 4–1 曾尖(シンガポール)
11-7/7-11/11-5/11-9/12-10

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US