平野、好調の長崎を下し準々決勝進出 次戦は佐藤瞳との対決<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・ジャパンオープン
2019年6月12日~2019年6月16日・札幌
2019.06.14

平野、好調の長崎を下し準々決勝進出 次戦は佐藤瞳との対決<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯>

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

14日、ジャパンオープン女子シングルス2回戦が行われ、平野美宇(6月世界ランキング9位・日本生命)、長崎美柚(同39位・JOCエリートアカデミー/大原学園)、石川佳純(同6位・全農)、森さくら(同101位・日本生命)が準々決勝進出をかけ試合に臨んだ。

平野は「リードされてても落ち着いてできたことがすごくよかった」と振り返ったように、第1ゲームを落としたもののそこから4ゲームを連取し、ゲームカウント4-1で日本人対決に勝利した。敗れた長崎は、1回戦で朱雨玲(同4位・中国)を破る金星をあげていたが、平野には苦杯をなめさせられた。「先手を取る卓球ができなくて、対スピードという相手の強いところで勝負してしまい、主導権を握ることができなかった」と敗因を述べた。

平野×長崎の日本人対決のほかは、石川×孫穎莎(同18位・中国)、森×LIU Fei(中国)と中国選手との対決となったが、両者ともに敗戦。森はフルゲームデュースの激戦で惜しくも敗れた。

勝利した平野は、明日の準々決勝で佐藤瞳(同15位・ミキハウス)との日本人対決に挑む。平野は、朱雨玲を破り勢いに乗る長崎を下し、続いては丁寧を破り勢いに乗り、地元の声援を背に戦う佐藤と対戦する。どっちが勝ってもおかしくない日本人対決、明日も札幌での熱い戦いから目が離せない。

ジャパンOP3日目 女子シングルス2回戦結果


写真:森さくら(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

石川佳純 0-4 〇孫穎莎(中国)
8-11/6-11/5-11/6-11

〇平野美宇 4-1 長崎美柚
8-11/11-5/11-5/12-10/11-9

森さくら 3-4 〇LIU Fei(中国)
13-11/11-9/6-11/6-11/10-12/11-7/11-13

長崎、シングルス1回戦で元世界1位に大金星

佐藤は2回戦でリオ五輪金・丁寧に大金星

文:ラリーズ編集部
コメント
0