早田・張本ペア、混合ダブルス準優勝 早田「すごく自信になった」<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・ジャパンオープン
2019年6月12日~2019年6月16日・札幌
2019.06.15

早田・張本ペア、混合ダブルス準優勝 早田「すごく自信になった」<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯>

写真:表彰式での早田ひな(左・日本生命)、張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<ライオン卓球ジャパンオープン荻村杯(札幌) 2019年6月12日~6月16日>

ジャパンオープン4日目、混合ダブルスの決勝が行われた。張本智和(6月世界ランキング4位・木下グループ)/早田ひな(同35位・日本生命)組が、中国の許キン(同3位)/朱雨玲(同4位)組と対戦した。

第1ゲーム、早田が男子選手の許キンのボールを受ける回りになり、「今まで対戦してきた選手の中でとったことない」という強力な許キンのドライブに苦しむ。張本もレシーブからチキータで攻め得点を奪うが、デュースで粘り切った中国ペアがこのゲームを先取した。

続く第2ゲームは、1-5から4-5と日本ペアが追い上げたところでで中国側がタイムアウト。そこから中国ペアの勢いを止められず、張本・早田は6-11で第2ゲームを落としてしまう。許キンがスピードドライブやループドライブでタイミングをずらし、日本ペアは思ったように得点できない。

第3ゲーム、1-3とリードされたところで日本ペアがタイムアウト。しかし最後まで許キンの威力あるフォアドライブと、朱雨玲のミスのない攻めに苦しんだ張本・早田はゲームカウント0-3とストレートで敗れた。

張本・早田ペアは、決勝で敗れはしたものの、準決勝では世界選手権3位の中国ペアを破っており、価値ある準優勝となった。

試合後の張本・早田のコメント


写真:早田ひな(左・日本生命)、張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

決勝について
早田「許キン選手のボールをとるのは試合前から楽しみで、フォア対フォアの引き合いは勝負できていたのはすごく自信になった。逆に回り込みからバック側に打たれたときに全然対応できなかった。そこを上手く対応できるようにならないとミックスダブルスで中国選手、許キン選手に勝つのは難しいと感じた」

張本「許キン選手とは何回か対戦したことはあるが、それでも取りづらいボールで、女子の選手(朱雨玲)のボールもミスがなくて、次、許キン選手なので決めなきゃというプレッシャーを感じた。そこで焦らないように次から意識をもって試合できるようにしたい」

今大会の混合ダブルスについて
早田「第1シードの韓国選手ペアに勝つことができて、今日も準決勝で中国選手ペアに勝つことができたのは、(香港オープンから)2週間の中でお互い成長できた。試合をやるたびにお互いのいいところを活かして試合ができていた。決勝負けてしまったが、中国選手ペアに勝てたのはすごく自信になった」

張本「まだ試合前の少しの時間でしか練習ができていないので、シングルスのように徹底的に練習すれば、今日負けたペアにも勝つチャンスは出てくると思う。この練習量でここまで来れたのは自信になったし、世界選手権3位のペアに勝てたというのは、本当に良かった」

混合ダブルス決勝結果


写真:表彰式での朱雨玲(左)、許キン(ともに中国)/撮影:ラリーズ編集部

張本智和/早田ひな 0–3 〇許キン/朱雨玲(中国)
10-12/6-11/5-11

混合ダブルス準決勝では樊振東/丁寧組に勝利

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US