16歳張本智和、中国の19歳・王楚欽に敗れベスト4逃す<韓国オープン> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・韓国オープン
2019年7月2日~2019年7月7日・プサン
2019.07.06

16歳張本智和、中国の19歳・王楚欽に敗れベスト4逃す<韓国オープン>

写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・韓国オープン 2019年7月2日~7月7日>

6日、韓国オープンは5日目を迎え、男子シングルス準々決勝に張本智和(7月世界ランキング4位・木下グループ)が登場。中国の王楚欽(同71位)と対戦した。張本は中国の次世代エースとも言われる王楚欽に対して、昨年のユース五輪のシングルス決勝で敗れているが、団体戦では勝利している。張本は6月27日に16歳の誕生日を迎えたばかり。今後何度も戦うことになるであろう19歳・王楚欽との戦いに注目が集まった。

第1ゲームを落とし迎えた第2ゲーム。8-10から追いついたものの、王楚欽の強烈なフォアドライブを止めることができず、このゲームも落としてしまう。第3ゲームも王楚欽に厳しく両サイドにコースを突かれ、なかなか先手を取れず、ゲームカウントは0-3に。

後がなくなった張本は「0-3なので同じことをしていてもしょうがないと、自信はないが、自分から打つのをやめてツッツキからブロックやカウンターに切り替えた」と、相手のミスを誘うプレーで得点を重ね、第4・5ゲームを奪ってゲームカウント2-3とする。しかし第6ゲーム、息を吹き返した王楚欽の攻撃を止められず、サーブレシーブのミスも響いて、試合終了。ゲームカウント2-4で張本は王楚欽に敗れた。

試合後のコメント


写真:張本智和(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

試合後張本は「自分が攻めるか相手に攻めさせるかはっきりしなかったのが、ずるずる行ってしまった原因。自分が攻めようとして攻められたら焦ってしまう。ツッツキからブロックで2ゲームとれたので、最初からそれができていれば…」と試合を振り返り、戦術転換が遅れたことを悔やんだ。

「今日は戦術が途中から良くなったり最後に悪くなったりしたが、技術力が相手に追いついていないのでもっともっと練習して、オーストラリアオープンまで調整していく」と7月9日から始まるオーストラリアオープンに向けて前を向いた張本。連戦となる国際試合でどのような試合を繰り広げてくれるのか、期待が高まる。

詳細スコア


写真:王楚欽(中国)/撮影:ラリーズ編集部

張本智和 2-4 〇王楚欽(中国)
8-11/10-12/7-11/11-8/11-5/7-11

石川佳純は孫穎莎に惜敗

文:ラリーズ編集部
コメント
0
男子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.18
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US