三部航平、韓国のサウスポーにフルゲームの末敗退<卓球・豪州OP> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:三部航平(専修大学)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 三部航平、韓国のサウスポーにフルゲームの末敗退<卓球・豪州OP>

2019.07.09 文:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

9日、オーストラリアオープンが開幕。男子シングルス予選2回戦に三部航平(7月世界ランキング196位・専修大学)と森薗政崇(同33位・BOBSON)が登場した。

三部航平はサウスポーの林鐘勲(イムジョンフン・同23位・韓国)と対戦した。林鐘勲は先日行われた韓国オープンで、世界選手権3連覇の馬龍(マロン・同5位・中国)を、フルゲームデュースまで追い詰めた実力者だ。

三部は第1ゲームをデュースで落とし、その後もゲームカウントを1-3とリードされる苦しい展開。しかし第5ゲームをデュースで取ると、第6ゲームも連取し、ゲームカウント3-3まで追いつく。しかし最終ゲームを林鐘勲に奪われ、フルゲームでの悔しい敗戦となった。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

一方、森薗はアンドレイ・ガチーナ(同67位・クロアチア)と対戦。第1ゲームを取るも、続く第2、第3ゲーム目のデュースをものにできず、1-4で敗戦となった。

詳細スコア


写真:林鐘勲(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

三部航平 3-4 〇林鐘勲(韓国)
10-12/11-7/7-11/5-11/12-10/11-8/8-11

森薗政崇 1-4 〇アンドレイ・ガチーナ(クロアチア)
11-7/14-16/11-13/6-11/5-11

早田ひな、中国越えならず 塩見真希は大逆転で決定戦へ<卓球・豪州OP>

男子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt