加藤美優、世界ランキング1位に挑む<T2ダイヤモンド・3日目の見どころ> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
T2ダイヤモンド2019マレーシア
2019年7月18日~2019年7月21日・ジョホールバル
2019.07.20

加藤美優、世界ランキング1位に挑む<T2ダイヤモンド・3日目の見どころ>

写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

19日、T2ダイヤモンド2019マレーシアの男女シングルス1回戦が行われた。男子からは、水谷隼(7月世界ランキング13位・木下グループ)と丹羽孝希(同12位・木下グループ)が登場。女子では、先日のオーストラリアオープンで陳夢(チェンムン・7月世界ランキング1位・中国)を破った石川佳純(同6位・全農)や平野美宇(同9位・日本生命)が登場した。しかし、全員が初戦で敗れ、ベスト16で姿を消す結果となった

一方で、男子シングルスでは波乱が起こった。パトリック・フランチスカ(同17位・ドイツ)が、世界選手権ベスト4の梁靖崑(リャンジンクン・同6位・中国)を4-2で破り、今大会男女を通じて初めて中国選手が海外選手に敗れる結果となった

日本選手で唯一勝ち残った加藤美優(同22位・日本ペイントホールディングス)は、大会3日目となる20日、現世界ランキング1位の陳夢と対戦する予定だ。

日本女子シングルス見どころ


写真:日本勢で唯一勝ち残った加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:ラリーズ編集部

<女子シングルス2回戦>
加藤美優(日本)- 陳夢(中国)

大会初日の18日に加藤美優は変則的なルールにうまく順応し、伊藤美誠(同7位・スターツ)をフルゲームの激戦の末破っている。世界選手権でも、優勝した劉詩雯(リュウスーウェン・同2位・中国)に敗れたものの、1ゲームを奪い善戦した。対中国選手の対戦経験こそ少ないが、大きなポテンシャルを秘めている。

対する陳夢はオーストラリアオープンで石川佳純にフルゲームで敗れている上に、普段とは異なるルールでの試合のため、かなりのプレッシャーを感じているだろう。両者の勝敗の行方は必見だ。

男子シングルス準々決勝


写真:パトリック・フランチスカ(ドイツ)/撮影:ラリーズ編集部

馬龍(中国)- 林昀儒(チャイニーズタイペイ)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)- 黄鎮廷(中国香港)
許昕(中国)- マティアス・ファルク(スウェーデン)
樊振東(中国)- 林高遠(中国)

注目の対戦カードは、馬龍(マロン・同5位・中国)VS 林昀儒(リンインジュ・同16位・チャイニーズタイペイ)と、パトリック・フランチスカ(同17位・ドイツ)VS 黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位・中国香港)だ。

林昀儒は最近のワールドツアーで林高遠(リンガオユエン・同2位・中国)や王楚欽(ワンチューチン・同71位・中国)を破っており、絶対王者・馬龍を越えられるか必見だ。

また梁靖崑を破って波に乗るパトリック・フランチスカと、張本智和(同4位・木下グループ)を破り、好調の黄鎮廷の対決も激戦必至で見逃せない。

【写真あり】“24分経過で5点先取” T2ダイヤモンドの注目ポイントを紹介

カトミユこと加藤美優、大人の魅力たっぷり振袖姿が話題に

文:ラリーズ編集部

コメント
0