水谷/伊藤、オーストリアペアに辛勝<卓球・ブルガリアオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン
2019年8月13日~2019年8月18日・パナギュリシテ
2019.08.16

水谷/伊藤、オーストリアペアに辛勝<卓球・ブルガリアオープン>

写真:オーストラリアオープンでの水谷隼(木下グループ・写真左)と伊藤美誠(スターツ・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン 2019年8月13日~2019年8月18日>

16日、大会4日目を迎えたブルガリアオープンでは、混合ダブルス・2回戦が行われた。本戦1回戦を勝ち抜いた張本智和(8月世界ランキング5位・木下グループ)/石川佳純(同6位・全農)ペアと、不戦勝で2回戦に進んだ水谷隼(同14位・木下グループ)/伊藤美誠(同8位・スターツ)ペアが登場した。それぞれオランダペアと、オーストリアペアとの対戦。両ペアとも勝利し、準決勝で同士討ちとなる。

水谷/伊藤が粘りのプレーで辛勝

本大会、初戦を迎えた水谷/伊藤ペアは、得意の台上プレーから先手を取り、1ゲーム目を先取した。しかし2ゲーム目はデュースの末奪われてしまい、勝負は振出しに戻った。

迎えた3ゲーム目は、両ペアともに質の高いサーブ・レシーブの応酬で中盤まで差が開かず、ゲームは均衡状態に。しかし終盤で水谷が甘い球を見逃さずに果敢に攻め、一気にゲームを奪った。

流れに乗って決めきるかと思われた4ゲーム目は、水谷/伊藤のレシーブが甘くなり、一方的に攻められゲームを奪われた。勝負の行方は最終ゲームへ。

5ゲーム目、序盤から水谷/伊藤は打ち込まれたボールに対して粘りのプレーで拾い続け、ラリー戦で点を奪う。7-0までリードを広げると、相手の思い切ったプレーもあったが危なげなく最終ゲームを取った。

勝利した水谷/伊藤ペアは、同じく勝利した張本/石川ペアと決勝進出をかけた準決勝で相見える。

詳細スコア

張本智和(木下グループ)、石川佳純(全農)
写真:石川佳純(全農・写真左)と張本智和(木下グループ・写真右)/提供:ittfworld

○張本智和/石川佳純 3-0 TROMER Laurens/EERLAND Britt(オランダ)
14-12/11-8/11-8

○水谷隼/伊藤美誠 3-2 ステファン・フェゲル/ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)
11-6/10-12/11-8/7-11/11-3

>>ブルガリアオープン 大会4日目の見どころはこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US