台湾の若きエース・林昀儒がボルとの激闘制す オフチャロフとの決勝へ<卓球・チェコオープン> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・チェコオープン
2019年8月20日~2019年8月25日・オロモウツ
2019.08.25

台湾の若きエース・林昀儒がボルとの激闘制す オフチャロフとの決勝へ<卓球・チェコオープン>

写真:決勝進出を決めた林昀儒(チャイニーズタイペイ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・チェコオープン 2019年8月20日~8月25日>

チェコオープン最終日の25日、男子シングルス準決勝が行われ、林昀儒(リンインジュ・8月世界ランキング13位・チャイニーズタイペイ)、ティモ・ボル(同8位・ドイツ)、ドミトリ・オフチャロフ(同11位・ドイツ)、ウーゴ・カルデラノ(同6位・ブラジル)が登場した。

準決勝第1試合、林昀儒とボルのサウスポー対決は、今勢いに乗る林昀儒がベテランのボルを抑え、ゲームカウント4-3で勝利を収めた。

準決勝第2試合は、オフチャロフとカルデラノによるパワー卓球が繰り広げられ、オフチャロフがゲームカウント4-2でこの戦いを制した。

同日に行われる男子シングルス決勝で、林昀儒とオフチャロフが対戦する。“柔”の林昀儒と“剛”のオフチャロフ、どちらが勝利するか必見だ。

林昀儒vsティモ・ボル

ティモ・ボル
写真:惜しくも敗れたティモ・ボル(ドイツ)/提供:ittfworld

試合序盤、林昀儒がサーブ、レシーブから優位に立ち、持ち前の高速卓球でボルを翻弄する。林昀儒がゲームカウント3-1とリードすると、対するボルも回転量の多いドライブ、正確なカウンターで反撃を開始。2ゲームを連取すると、ゲームカウントは3-3、勝負の行方は最終第7ゲームへともつれ込む。

最終ゲーム、序盤はボルがリードするも、中盤から林昀儒が強気の攻めで逆転。林昀儒がそのまま押し切り、“ドイツの皇帝”ボルとのフルゲームの激闘を制した。

>>水谷破った17歳・林昀儒が優勝 樊振東にも金星<T2ダイヤモンド・卓球>

ドミトリ・オフチャロフvsヒューゴ・カルデラノ

ドミトリ・オフチャロフ
写真:勝利したドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)/提供:ittfworld

ハードヒッター対決となったこの試合、互いに一発のドライブで決める場面が多く見られた。しかし、その中でもサーブで得点を重ねたオフチャロフが少し上を行き、ゲームカウント3-1とリードする。

第5ゲーム、後がなくなったカルデラノが取り返すも、第6ゲームをオフチャロフに逆転で奪われ、オフチャロフがゲームカウント4-2で勝利を収めた。

>>【動画】テニス・錦織圭さながらの“股抜きショット”をカルデラノが披露

詳細スコア

〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)4-3 ティモ・ボル(ドイツ)
12-10/9-11/11-2/11-6/5-11/6-11/11-8

〇ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)4-2 ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)
7-11/11-9/11-6/13-11/6-11/11-9

>>チェコオープン、最終日見どころはこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US