日本代表2ペアとも快勝 強敵揃いの準々決勝へ<アジア卓球選手権・混合複> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会
2019年9月15日~2019年9月22日・ジョクジャカルタ
2019.09.18

日本代表2ペアとも快勝 強敵揃いの準々決勝へ<アジア卓球選手権・混合複>

写真:宇田幸矢(写真左)・加藤美優(写真右)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

18日、アジア卓球選手権大会4日目。混合ダブルス3回戦に戸上隼輔(9月世界ランキング142位・野田学園高校)/芝田沙季(同27位・ミキハウス)、宇田幸矢(同84位・JOCエリートアカデミー/大原学園)/加藤美優(同25位・日本ペイントホールディングス)が登場。ともにインドネシアペアを下し、準々決勝へ駒を進めた。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

2組とも準々決勝進出

2回戦をフルゲームデュースで勝ち上がってきた戸上/芝田は、インドネシアペアを圧倒。また、宇田/加藤もゲームカウント3-0で勝利を収めた。

準々決勝では、戸上/芝田は韓国の李尚洙(イサンス・同17位)/田志希(チョンジヒ・同20位)と、宇田/加藤は中国香港の黄鎮廷(ウォンチュンティン・同16位)/杜凱琹(ドーホイキン・同11位)との対戦が決まっている。両ペアとも強敵との対戦になるが、どのような戦いを見せるのか注目だ。

>>福原愛も使った“最強サーブ”の聖地~王子卓球の過去と今~

混合ダブルス3回戦詳細スコア

〇戸上隼輔/芝田沙季 3–0 PRAMUDYA Arfan Seina/WIDARAHMAN Novid(インドネシア)
11-6/11-2/11-3

〇宇田幸矢/加藤美優 3–0 MAMONTO Syahrizal Nauval Akbar/AMINAH Siti(インドネシア)
11-6/11-6/11-2

>>“年1300時間”練習 元百貨店マンに聞くメダリスト育成の極意<石田卓球クラブ#1>

文:ラリーズ編集部

コメント
0