加藤美優、世界ランク1位・陳夢と再戦へ<アジア卓球選手権・女子単> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/提供:ittfworld

国際大会 加藤美優、世界ランク1位・陳夢と再戦へ<アジア卓球選手権・女子単>

2019.09.20 文:ラリーズ編集部

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

19日、アジア卓球選手権は大会6日目を迎え、女子シングルス3回戦が行われた。日本からは加藤美優(9月世界ランキング25位・日本ペイントホールディングス)、石川佳純(同8位・全農)、平野美宇(同9位・日本生命)、芝田沙季(同27位・ミキハウス)、佐藤瞳(同19位・ミキハウス)の5選手が登場した。

加藤、石川、佐藤は3-0と圧勝し、平野はフルゲームの末勝利を収め、4選手がベスト8決定戦に駒を進めた。

一方、芝田は世界女王の劉詩雯(リュウスーウェン・同5位・中国)と対戦。1ゲームを奪うも劉詩雯にはあと一歩及ばず、1-3での敗北を喫した。

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

日本女子4選手が4回戦へ


写真:佐藤瞳(ミキハウス)/提供:ittfworld

勝利した加藤、石川、佐藤、平野はベスト8決定戦の4回戦に進出を果たした。4回戦で石川は李皓晴(リホチン・同37位・中国香港)と、平野は杜凱琹(ドーホイキン・同11位・中国香港)とのTリーガー対決に臨む。

佐藤は、17日に行われた団体戦決勝で敗れた孫穎莎(スンイーシャ・同6位・中国)と4回戦で再び相まみえることになった。団体戦では1-3で敗れているが、シングルスでのリベンジとなるか注目だ。

加藤はシンガポールのWONG XIN RU(同233位)と対戦し、3-0のストレート勝ちで相手を寄せ付けなかった。勝利した加藤はベスト8決定戦で、世界ランク1位の陳夢(チェンムン・中国)と対戦する。7月に行われたT2ダイヤモンドで勝利している加藤に“2連勝”の期待が高まる。

>>金星の加藤美優 陳夢の持ち味封じた“クレバーな戦術”を徹底分析!<T2ダイヤモンド>

詳細スコア

〇加藤美優 3-0 WONG XIN RU(シンガポール)
11-3/11-4/11-7

〇石川佳純 3-0 マニカ・バトラ(インド)
11-9/11-8/11-4

〇平野美宇 3-2 LIU Hsing-Yin(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-6/6-11/6-11/11-1

芝田沙季 1-3 〇劉詩雯(中国)
6-11/11-8/5-11/10-12

〇佐藤瞳 3-0 Patkar Madhurika(インド)
11-6/11-9/11-4

>>アジア卓球選手権・6日目見どころはこちらから

男子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt