日本女子、ダブルスで2つの銅メダル<アジア卓球選手権> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会
2019年9月15日~2019年9月22日・ジョクジャカルタ
2019.09.22

日本女子、ダブルスで2つの銅メダル<アジア卓球選手権>

写真:石川佳純(全農・写真左)と平野美宇(日本生命・写真右)/提供:ittfworld

<ITTF-ATTUアジア卓球選手権大会 2019年9月15日~22日>

22日、アジア卓球選手権は最終日を迎え、女子ダブルス準決勝が行われた。日本からは石川佳純(9月世界ランキング8位・全農)/平野美宇(同9位・日本生命)と芝田沙季(同27位・ミキハウス)/佐藤瞳(同19位・ミキハウス)の2組が登場し、どちらも中国ペアと対戦した。

石川/平野は陳夢(チェンムン・同1位)/王曼昱(ワンマンユ・同4位)と、芝田/佐藤は丁寧(ディンニン・同2位)/朱雨玲(ジュユリン・同3位)との対戦となったが、どちらもその強さの前に敗れ、日本ペアの決勝進出はならなかった。

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

2組とも中国に屈す


写真:芝田沙季(ミキハウス・写真手前)・佐藤瞳(ミキハウス・写真奥)/提供:ittfworld

準決勝第1試合、石川/平野は陳夢/王曼昱と対決。第1ゲームを先取するなど、序盤は石川/平野が主導権を握ったが、第2ゲーム以降は陳夢/王曼昱にラリーの主導権を奪われ、1-3での敗戦となった。

芝田/佐藤vs丁寧/朱雨玲の準決勝第2試合は、中国ペアに3-0で軍配が上がった。中国ペアはミスのないプレーで終始圧倒し、芝田/佐藤は試合中に反撃の糸口を見つけることができなかった。

敗れた日本女子の2組は銅メダルを獲得。男子ダブルスの吉村真晴(同60位・名古屋ダイハツ)/戸上隼輔(同142位・野田学園)ペアの銅メダルと合わせて、日本は今大会ダブルスで3つのメダル獲得となった。

>>平野美宇「お気に入りです」 新たな髪色に“可愛い” の声続出

詳細スコア

平野美宇/石川佳純 1-3 〇陳夢/王曼昱(中国)
11-6/7-11/7-11/5-11

芝田沙季/佐藤瞳 0-3 〇丁寧/朱雨玲(中国)
6-11/7-11/2-11

>>アジア卓球選手権・最終日見どころはこちらから

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.05.30
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.05.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US