石川/平野、4強入り 次戦は中国香港ペアと<卓球・スウェーデンオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン
2019年10月1日~2019年10月6日・ストックホルム
2019.10.04

石川/平野、4強入り 次戦は中国香港ペアと<卓球・スウェーデンオープン>

写真:アジア選手権での石川佳純(全農・写真左)と平野美宇(日本生命・写真右)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン 2019年10月1日~10月6日>

4日、スウェーデンオープン女子ダブルスの準々決勝に平野美宇(10月世界ランキング9位・日本生命)/石川佳純(同8位・全農)ペアが登場し、ポルトガルペアを下し、準決勝進出を決めた。

>>進化した石川佳純 打倒中国の鍵となる“ハイリスクな戦術”とは

“かすみう”勝利 ポイントは3ゲーム目

平野/石川ペアは、ポルトガルのシャオ・ジェニ(同86位)/ユ・フ(同33位)と対戦した。ポルトガルペアは1回戦で日本の木原美悠(同52位・JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(同50位・JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアを破り勝ち上がってきた。

試合は、1ゲーム目、平野/石川が主導権を握った。サーブからは回転量ある3球目攻撃で得点を重ね、レシーブからも石川のチキータや平野の意表を突くツッツキ。たとえ打たれてもカウンターとポルトガルペアに思うようなプレーをさせない。

2ゲーム目は、サウスポーであるシャオ・ジェニのクセのあるボールに対し、石川のカウンターミスが目立つ。不運なネットインもあり、9-11で落としてしまう。

迎えた3ゲーム目、じわじわと追い上げられた7-6の場面で日本ペアがタイムアウトをとる。タイムアウト後、一進一退の展開が続き、デュースにもつれ込む。10-11で相手のチャンスボールミスにも助けられ、13-11で日本ペアが3ゲーム目を制した。

激戦となった3ゲーム目をものにした日本ペア。4ゲーム目は終始圧倒し、ポルトガルペアを3-1で下した。

準決勝では中国香港の杜凱琹(ドゥホイカン・同11位)/李皓晴(リホチン・同38位)と対戦する。

>>【最新版】2020.1卓球五輪代表決定へ 佳境を迎える世界ランキング争い

詳細スコア

〇平野美宇/石川佳純 3-1 シャオ・ジェニ/ユ・フ(ポルトガル)
11-4/9-11/13-11/11-6

>>卓球女子世界ランキング(10月発表)はこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.11.16
世界
日本
1
樊振東(中国)
16250 pt
2
許キン(中国)
16160 pt
3
林高遠 (中国)
14975 pt
1
張本智和(日本)
13465 pt
2
丹羽孝希(日本)
10840 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.11.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16965 pt
2
劉詩文 (中国)
15360 pt
3
孫穎莎 (中国)
14895 pt
1
伊藤美誠(日本)
13340 pt
2
石川佳純(日本)
11805 pt
3
平野美宇(日本)
11375 pt
SNS
FOLLOW US