早田ひな、ブルガリア・チェコOP覇者に挑む<卓球・ドイツオープン 3日目見どころ> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・ドイツオープン
2019年10月8日~2019年10月13日・ブレーメン
2019.10.10

早田ひな、ブルガリア・チェコOP覇者に挑む<卓球・ドイツオープン 3日目見どころ>

写真:早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

10月9日、ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープンは2日目を終え、全5種目で本戦のドローが確定した。

日本男子では、宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)、神巧也T.T彩たま)、松平健太(T.T彩たま)らが本戦への切符を手にした。宇田幸矢は2018年世界ジュニアで敗れている徐海東(シュハイドン・中国)にリベンジを果たし、松平健太は予選3回戦でゲームカウント0-3からの大逆転勝利となった。

一方女子は、橋本帆乃香(ミキハウス)、加藤美優(日本ペイントホールディングス)、早田ひな(日本生命)の3名が上がった。

大会3日目となる10日は、全種目で本戦1回戦の火蓋が切って落とされる。

男子試合 組み合わせと見どころ

森薗政崇(BOBSON)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)
写真:韓国オープンでの森薗政崇(BOBSON・写真左)と吉村真晴(名古屋ダイハツ・写真右)/提供:ittfworld

男子シングルス 本戦1回戦

松平健太 - 丹羽孝希
宇田幸矢 - 林高遠(中国)
張本智和 - アントン・カールバーグ(スウェーデン)
神巧也 - 梁靖崑(中国)
水谷隼 - 劉丁碩(中国)

男子ダブルス 本戦1回戦

森薗政崇/吉村真晴 - ティモ・ボル/パトリック・フランチスカ(ドイツ)

男子シングルスでは予選を勝ち抜いた松平健太(10月世界ランキング130位)が、丹羽孝希(同11位・スヴェンソン)と対戦。9月のTリーグでは松平健太がセンスあふれるプレーを織り交ぜつつも丹羽孝希を破っているが、ワールドツアーの舞台でも勝利なるか目が離せない。

水谷隼(木下グループ)は、劉丁碩(リュウディンシュオ・中国)と対戦する。初対戦の2018年オーストラリアオープンではフルゲームで敗れ、その後のワールドツアー・グランドファイナルでは一転して水谷がストレートで勝利している。今回はどちらに軍配が上がるか注目だ。

男子ダブルスでは森薗政崇/吉村真晴ペアが、ドイツのティモ・ボル/パトリック・フランチスカと対戦する。ドイツペアは5月の中国オープンで、世界選手権で優勝して間もない馬龍(マロン・中国)/王楚欽(ワンチューチン・中国)をストレートで破るほどの実力を持ったペアだ。森薗/吉村ペアは、両者ともにダブルス巧者として知られる。ドイツペアに勝利なるか期待だ。

>>復活の松平健太 丹羽孝希を破った2つの大胆な戦術転換とは<彩たまvs木下>

女子試合 組み合わせと見どころ

平野美宇(日本生命)
写真:スウェーデンオープンでの平野美宇(日本生命)/提供:ittfworld

女子シングルス 本戦1回戦

佐藤瞳 - パラナン・オラワン(タイ)
石川佳純 - PESOTSKA Margaryta(ウクライナ)
橋本帆乃香 - 伊藤美誠
早田ひな - 陳幸同(中国)
加藤美優 - 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
平野美宇 - 王藝迪(中国)

女子ダブルス 本戦1回戦

木原美悠/長﨑美柚 - BAJOR Natalia/ナタリア・パルティカ(ポーランド)

シングルスでは早田ひなが、陳幸同(チェンシントン・中国)と初対戦。陳幸同は8月のブルガリア・チェコオープンの2大会で優勝しており、今勢いに乗る中国若手選手だ。対する早田も中国選手との対戦を多く経験してきている。特にポルトガルオープンで劉詩雯(リュウスーウェン・中国)に勝利しており、7月の韓国オープンではリベンジされるも2ゲームを奪っている。中国の主力選手に対しても堂々たるプレーを見せている。今なお成長中の早田がダイナミックなプレーで勝利なるか注目だ。

また本戦からの登場となる平野美宇(日本生命)は香港オープンチャンピオンの王藝迪(ワンイーディー・中国)と対戦する。選手層の厚い中国で選び抜かれた王藝迪は、その実力は紛れもなく世界のトップレベル。対中国の戦績を積み上げてきている平野は、王藝迪に勝利なるか期待だ。

女子ダブルスでは、木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアがポーランドのペアと対戦。8月のチェコオープンで芝田沙季(ミキハウス)/平野美宇ペアをフルゲームまで追い詰めている。前週のスウェーデンオープンでは思うように実力を発揮できなかったエリアカコンビは、全力を出し切ることができるか。

>>堅守の元世界ランク1位に2連勝 長﨑美柚の見せた“3本の刃”とは

混合ダブルス 組み合わせと見どころ

早田ひな(日本生命)、張本智和(木下グループ)
写真:早田ひな(日本生命・写真左)と張本智和(写真右)/提供:ittfworld

混合ダブルス 本戦1回戦

張本智和/早田ひな - パトリック・フランチスカ/ペトリッサ・ゾルヤ(ドイツ)
水谷隼/伊藤美誠 - 陳建安/陳思羽(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルスでは、張本智和/早田ひながドイツのパトリック・フランチスカ/ペトリッサ・ゾルヤと対戦。ドイツペアは4月の世界選手権で、森薗政崇/伊藤美誠(スターツ)を破ってベスト4入りを果たしたペアだ。両者ともにラリー力にたけており、いかに先手を取るかが重要になるだろう。張本/早田の試合運びに注目したい。

また水谷隼/伊藤美誠は、スウェーデンオープンで優勝を目の前にあと一歩及ばずに敗れているものの、安定して上位に食い込んでいる。今大会こそ優勝に期待がかかるペアだが、1回戦をしっかりと勝ち切ることができるか注目だ。

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

文:ラリーズ編集部

コメント
0