張本智和、大逆転ならずも日本男子最高のベスト8<卓球・ドイツオープン> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・ドイツオープン
2019年10月8日~2019年10月13日・ブレーメン
2019.10.12

張本智和、大逆転ならずも日本男子最高のベスト8<卓球・ドイツオープン>

写真:張本智和(木下グループ)/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアープラチナ・ドイツオープン 2019年10月8日~10月13日>

12日に行われたドイツオープン・男子シングルス準々決勝で張本智和(木下グループ)が梁靖崑(リャンジンクン・中国)にゲームカウント2-4で敗れ、準決勝進出を逃した。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

張本智和、追い上げるも一歩届かず


写真:梁靖崑(中国)/提供:ittfworld

張本の対戦相手の梁靖崑はパワフルな両ハンドが持ち味の選手で、今年の世界選手権では銅メダルを獲得している。張本は梁靖崑に過去1勝2敗と負け越しているが、直近のカタールオープンではストレートで勝利しているため、今回の勝敗の行方に注目が集まっていた。

試合は、張本が梁靖崑の威力のあるフォアハンドカウンターとバックハンドに押され、3ゲームを連続で落とす苦しい展開となる。

しかし、第4ゲームからは張本が持ち味である打点の高いバックハンドを要所で決め、一気に試合の流れは張本へ。張本は勢いそのままに2ゲームを連取し、ゲームカウントを2-3とする。

迎えた第6ゲーム、張本の前陣速攻と梁靖崑のパワー溢れる両ハンドがぶつかり合う激しい攻防となるが、最後はミスの少なかった梁靖崑が11-8で勝利を決め、張本の逆転はならなかった。

張本は準決勝進出を逃すも、日本男子勢最高のベスト8でドイツオープンを終えた。

>>張本智和のスーパーラリー、ITTF選出“今日のベストポイント”に<卓球・ドイツオープン>

準々決勝 詳細スコア

張本智和 2-4 〇梁靖崑(中国)
10-12/8-11/6-11/11-7/11-7/8-11

>>【最新版】卓球五輪代表の鍵握る 2020年1月有効な世界ランキングポイント(スウェーデンOP終了時点)

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.04.08
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.04.08
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US