男子団体、ベスト4決定 アジア勢が上位占める<JA全農 卓球チームワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
JA全農 ITTF 卓球ワールドカップ団体戦 2019 TOKYO
11月6日(水)~2019年11月10日(日)・東京
2019.11.08

男子団体、ベスト4決定 アジア勢が上位占める<JA全農 卓球チームワールドカップ>

写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

8日、JA全農2019ITTFチームワールドカップ東京大会は3日目を迎え、男子団体準々決勝が行われた。大会2日目に男子団体準々決勝が2試合行われ、すでに中国と日本が準決勝進出を決めていたが、本日チャイニーズタイペイと韓国が勝利し、ベスト4が出揃った。

ピッチフォード
写真:リアム・ピッチフォード(イングランド)/撮影:ラリーズ編集部

予選Aグループ2位通過のチャイニーズタイペイは、予選で日本を下し予選Bグループを1位通過してきたイングランドに勝利した。林昀儒(リンインジュ)とリアム・ピッチフォードのエース対決は、林昀儒に軍配が上がった。

日本戦で張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)を下したリアム・ピッチフォード擁するイングランドだったが、準々決勝はオールストレートで敗戦し、大会を去ることとなった。

準々決勝もう1カードは予選Dグループ1位通過の韓国とCグループ2位通過のブラジル。前評判では韓国が優勢だったが、世界ランキング85位のエリック・ジョウチー(ブラジル)が、同18位の李尚洙(イサンス・韓国)に勝利し、ブラジルも見せ場を作る。しかし、韓国の張禹珍(ジャンウジン)にシングルスで2点を奪われ、万事休す。ブラジルは1-3で韓国に苦杯を嘗めた。

これで男子団体の準決勝のカードは、中国-日本、チャイニーズタイペイ-韓国に決定した。準決勝はアジア4チームでの争いとなる。

>>英ピッチフォード、“うつ”を乗り越えた過去を告白「同じ悩みを持つ人を助けたい」

準々決勝スコア:イングランド 0-3 チャイニーズタイペイ

林昀儒
写真:林昀儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

トム・ジャービス/ポール・ドリンコール 0-3 〇リョウ・シンテイ/陳建安
9-11/8-11/2-11

リアム・ピッチフォード 0-3 〇林昀儒
9-11/6-11/11-13

ポール・ドリンコール 0-3 〇陳建安
6-11/8-11/9-11

>>ダブルス世界王者、陳建安の琉球アスティーダへの思い

準々決勝スコア:韓国 3-1 ブラジル

張禹珍
写真:張禹珍(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

鄭栄植/李尚洙 3-1 グスターボ・ツボイ/エリック・ジョウチー
11-2/11-4/6-11/11-8

〇張禹珍 3-0 ビクター・イシイ
11-6/11-8/11-4

李尚洙 1-3 〇エリック・ジョウチー
7-11/8-11/11-4/8-11

〇張禹珍 3-0 グスターボ・ツボイ
11-6/11-1/11-7

>>英ピッチフォードに聞く「最強中国の倒し方」と「Tリーグ参戦のワケ」

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.11.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
16250 pt
2
許キン(中国)
16160 pt
3
林高遠 (中国)
14975 pt
1
張本智和(日本)
13465 pt
2
丹羽孝希(日本)
10840 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.11.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16965 pt
2
劉詩文 (中国)
15360 pt
3
孫穎莎 (中国)
14895 pt
1
伊藤美誠(日本)
13340 pt
2
石川佳純(日本)
11805 pt
3
平野美宇(日本)
11375 pt
SNS
FOLLOW US