【速報】日韓戦 日本ペア、15歳の天才とTリーガーの韓国ペアに敗れる<JA全農 卓球チームワールドカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:平野美宇(日本生命・手前)・石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 【速報】日韓戦 日本ペア、15歳の天才とTリーガーの韓国ペアに敗れる<JA全農 卓球チームワールドカップ>

2019.11.09 文:ラリーズ編集部

<JA全農 2019ITTFチームワールドカップ東京大会 2019年11月6日~11月10日>

9日、JA全農 2019ITTFチームワールドカップは女子準決勝、日本は韓国との対戦。第1試合、ダブルスは平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)が田志希(チョンジヒ)/申裕斌(シェンユービン)に1-3で惜しくも敗れた。

>>15歳の天才少女・申裕斌(シェンユービン)に関する記事はこちら

“かすみう” 追い上げみせるも惜敗


写真:田志希(奥)/申裕斌/撮影:ラリーズ編集部

相手の田志希は、日本のTリーグ・日本生命レッドエルフにも所属している。今シーズンは、Tリーグシングルスで3勝1敗。サウスポーであり、ダブルス巧者としても知られている。

申裕斌は弱冠15歳にして日韓戦に抜擢された。日本では木原美悠と同世代だ。長身から繰り出される両ハンド攻撃は安定感がある。

日本の“かすみう”ペアは韓国ペアの早い打点と巧みなコース取りに押され、試合序盤の主導権を握られる。序盤2ゲームを落とし、早くも0-2と追い詰められた。

後がない日本ペア。第3ゲームは序盤からシーソーゲームとなり、手に汗握る試合展開となったが、均衡を破ったのは日本ペア。6-6から4連続ポイントで突き放し、このゲームを11-7で奪い返した。

第4ゲームも点の奪い合いとなり、詰めかけた観客は一本ごとに大きな歓声と拍手を送り、選手を鼓舞する。点を奪っては、奪い返す展開が続き、勝負はデュースへ。10-10から田志希のフォアハンドが連続で決まり、勝負あり。わずかな差だったが、日本ペアは1-3で敗れた。

つづく第2試合は伊藤美誠(スターツ)と崔孝珠(チェヒョジュ)の対戦だ。

>>日本生命レッドエルフ村上監督インタビューはこちら

詳細スコア 日本 0-1 韓国

石川佳純/平野美宇 1-3 ○田志希/申裕斌
7-11/8-11/11-7/10-12

伊藤美誠 – 崔孝珠

平野美宇 – 田志希

伊藤美誠 – 申裕斌

石川佳純 – 崔孝珠

男子ランキング
2020.09.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt