中国・林高遠、世界卓球銀メダリストに白星<T2ダイヤモンド> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
中国・林高遠、世界卓球銀メダリストに白星<T2ダイヤモンド>

写真:林高遠(中国)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 中国・林高遠、世界卓球銀メダリストに白星<T2ダイヤモンド>

2019.11.22 文:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~24日>

22日、T2ダイヤモンド2019シンガポールは大会2日目を迎え、男子シングルス1回戦に中国の林高遠(リンガオユエン)とスウェーデンのマティアス・ファルクが登場。両者の対決はゲームカウント4-1で林高遠に軍配が上がった。

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

>>名将・邱建新が語る!中国はなぜ卓球が強いのか?

林高遠、堅実な攻めを見せる

林高遠
写真:林高遠(中国)/撮影:ラリーズ編集部

両者の通算対戦成績は1勝1敗と互角であり、直近では今年のカタールオープンで林高遠が4-3で勝利していた。

世界ランク3位の林高遠と世界卓球銀メダリストのファルクの対決は、序盤からミスの少ない堅実な攻めを見せた林高遠が、2ゲームを先取する。第3ゲームはファルクが食い下がり10-10とするも、この場面で林高遠が今まで見せなかったYGサービスを使い、見事な3球目攻撃。11-10とし、このゲームもファルクに渡さなかった。

ゲームカウント0-3とされ後がないファルクは、持ち味の回転量の多いバックハンドで第4ゲームを奪うも、反撃はここまで。最後はFAST5を林高遠が制し、4-1で勝利を決めた。

見事勝利した林高遠は、準々決勝へと駒を進めている。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

詳細スコア

マティアス・ファルク
写真:マティアス・ファルク(スウェーデン)/撮影:ラリーズ編集部

〇林高遠(中国)4-1 マティアス・ファルク(スウェーデン)
11-8/11-9/11-10/9-11/5-4

>>【最新版】張本・伊藤、五輪代表選考基準満たす 2020年1月有効な世界ランキングポイント(オーストリアOP終了時点)

男子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt