伊藤美誠、日本選手初のT2ダイヤモンド決勝進出 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
伊藤美誠、日本選手初のT2ダイヤモンド決勝進出

写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 伊藤美誠、日本選手初のT2ダイヤモンド決勝進出

2019.11.24 文:ラリーズ編集部

<T2ダイヤモンド2019シンガポール 2019年11月21日~11月24日>

24日、大会最終日を迎えたT2ダイヤモンド・シンガポール大会は、女子シングルス準決勝が行われた。日本からは伊藤美誠(スターツ)が登場し、今大会好調の田志希(チョンジヒ・韓国)を4-1で下した。

T2ダイヤモンド特別ルール

T2ダイヤモンドは、7ゲームマッチのシングルス形式だが、従来の卓球のルールとは異なり、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合は1ゲーム5点先取のFAST5へと移行する。

>>日本女子唯一の4強入り・伊藤美誠、“楽しむ姿勢”貫くワケ

伊藤美誠、波乱の第3ゲームを乗り越え勝利


写真:松崎太佑コーチ(写真左)と会話する伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

両者初対決となった試合は、4-1で伊藤が勝利を収めた。

今大会伊藤は、初戦で石川佳純(全農)、準々決勝で佐藤瞳(ミキハウス)と連続で日本人対決を制して準決勝に勝ち進んできた。

伊藤は持ち前のサービスからリードを広げ幸先よく第1ゲームを先取する。第2ゲームは一転して田志希の流れに。ラリーでは執拗に伊藤のバックを攻め、得点を重ねる。伊藤はミスも目立ち第2ゲームを落とした。

第3ゲーム、序盤で大量リードを奪い伊藤であったが、ここから田志希が驚異の逆襲を見せる。伊藤のサーブミスや田志希の好プレーもあり、田志希は2-8から5連続得点で7-8と伊藤に迫る。ここで伊藤がタイムアウトを取るも流れは変わらず、田志希が10-8とゲームポイントを握る。波乱の第3ゲームはこのまま終わらない。伊藤が1点返し9-10となると、今度は田志希がタイムアウト。こちらも流れは変えられず伊藤が10-10と追いつく。

両者ゲームポイントの場面で、伊藤がサーブを出すと田志希がレシーブミス。伊藤の得点かに思われたが、田志希は「サーブがネットに当たっているのではないか」というジェスチャーを見せ抗議。VTRが流れるとサーブはネットに当たっており、プレーはやり直しに。次のラリーでは、フォアへ大きく飛びついた伊藤のボールがネットにあたり、これを田志希はうまく対処できず伊藤の得点に。再び逆転に成功した伊藤が第3ゲームを獲得した。

第4ゲームからは完全に伊藤の流れに。伊藤の5連続得点で幕を開けた第4ゲームは、田志希を寄せ付けず11-2と圧倒する。FAST5となった第5ゲームも出だしから3連続得点し、伊藤が4-1とマッチポイントを握る。最後は、サーブからの3球目をストレートに決め伊藤が決勝進出を決めた。

平野美宇(日本生命)、陳夢(中国)といった実力者を破って勝ち上がってきた田志希に勝利した伊藤。決勝では、同じ19歳の孫穎莎(スンイーシャ・中国)と対戦する。

>>東京五輪金メダルへ 卓球王国・中国に強い日本選手は誰だ!<対中国勝率ランキング>

詳細スコア

田志希(韓国)
写真:田志希(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

○伊藤美誠 4-1 田志希(韓国)
11-7/5-11/11-10/11-2/5-1

>>【卓球】伊藤美誠、東京五輪代表へ 世界ランキング選考基準満たす

男子ランキング
2020.09.27
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.27
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt