石川佳純、ベスト8進出 8か月ぶりの国際大会も快勝発進<卓球・女子W杯> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純(全農)/提供:ittfworld

国際大会 石川佳純、ベスト8進出 8か月ぶりの国際大会も快勝発進<卓球・女子W杯>

2020.11.09 文:ラリーズ編集部

<ITTF 女子ワールドカップ 2020年11月8日~10日>

9日、大会2日目を迎えた女子ワールドカップでは、シングルス本戦1回戦が行われた。石川佳純(最新世界ランキング9位・全農)が徐孝元(ソヒョンウォン・同23位・韓国)と対戦し、ゲームカウント4-0で石川が勝利した。

>>石川佳純、笑顔でトレーニング施設訪問 お茶目な写真にはファンからツッコミも

石川佳純、248日ぶりの国際大会

石川は、2020年3月6日、カタールオープン女子シングルス2回戦で中国の剛腕・王藝迪(ワンイーディ)に敗れて以来、248日ぶりの国際舞台となった。

対戦相手は、韓国のカットマン・徐孝元。攻撃力の高さとカットの変化量が持ち味の右利きのカットマンだ。


写真:徐孝元(韓国)/提供:ittfworld

通算成績では11勝3敗と石川が大きく勝ち越している。

石川がストレート勝ち

試合は、石川のドライブと徐孝元のカットでの粘り合いとなる。ミドルからバックサイドにミスなく打ち込む石川のドライブに対し、痺れを切らした徐孝元にミスが出て、1ゲーム目を石川が先取した。


写真:女子W杯の会場練習で汗を流す石川佳純(全農)/提供:ittfworld

1ゲーム目序盤こそ競ったものの、2ゲーム目以降石川は鋭い攻撃を見せ、徐孝元を寄せ付けない。通算11勝3敗の相性の良さを見せ、ゲームカウント4-0で勝利を収めた。

勝利した石川は、準々決勝で世界ランキング3位の孫穎莎(スンイーシャ・同3位・中国)と対戦する。

試合結果

〇石川佳純 4-0 徐孝元(韓国)
11-8/11-7/11-5/11-4

>>「姉妹愛が素敵すぎる」石川佳純、妹のマッサージ受けコンディション調整

男子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.03
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt