【卓球】早田ひな、橋本帆乃香との死闘制し優勝 中国の主力下す快挙も<ポルトガルOP> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFチャレンジ・プラス ポルトガルオープン
2019.2.13~2019.2.17・リスボン
2019.02.18

【卓球】早田ひな、橋本帆乃香との死闘制し優勝 中国の主力下す快挙も<ポルトガルOP>

写真:早田ひな(日本生命)/提供:ittfworld

<ITTFチャレンジ・プラス ポルトガルオープン(リスボン) 2019年2月13日~17日>

17日、ポルトガルオープンも最終日となり、各種目の決勝戦までが行われた。女子シングルスでは、早田ひな(2月最新世界ランキング42位・18歳)=日本生命=が橋本帆乃香(同24位・20歳)=ミキハウス=と決勝戦を争い、フルゲームの死闘の末、早田が優勝を飾った。

早田は準決勝では、中国の胡麗梅(同139位・24歳)のカットを攻略し、決勝に進出。対する橋本も、中国選手を破って勝ち上がっていた。

勢いに乗る両者の対決だが、先に2ゲームを連続で奪いリードしたのは橋本だった。しかし、3ゲーム目からは早田が息を吹き返す。早田は広角にドライブを打ち分け、11-4、12-10、11-3と立て続けにゲームを奪い返し、勝利まであと1ゲームとした。何とか橋本も食らいつき、勝負は最終ゲームへ。最終ゲームも一進一退の攻防が続いたが、終盤でリードをつかんだ早田が渾身の回り込みドライブを決めて、勝利の笑みを浮かべた。

早田はラウンド16で、今大会第一シードで元世界ランキング1位の劉詩文(中国)にも勝利しており、世界のトップで通用することを改めて示す形になった。2020に向けて大事な一年になるが、幸先の良いスタートを切ったと言える。

ポルトガルオープン 最終日 女子の結果

女子シングルス 準決勝

○早田ひな 4-1 胡麗梅(中国)
10-12/11-4/11-9/11-6/11-6

○橋本帆乃香 4-1 LI Jiayuan(中国)
7-11/11-2/11-6/11-8/11-3

女子シングルス 決勝

○早田ひな 4-3 橋本帆乃香
9-11/8-11/11-4/12-10/11-3/8-11/11-8

ポルトガルオープン 最終日 男子の結果

男子シングルス 準決勝

○林高遠(中国) 4-2 サムソノフ(ベラルーシ)
11-7/11-13/8-11/11-9/11-8/11-7

○梁靖崑(中国) 4-3 LIU Yebo(中国)
10-12/10-12/11-8/10-12/11-2/11-7/11-9

男子シングルス 決勝

○梁靖崑(中国) 4-1 林高遠(中国)
6-11/12-10/14-12/11-7/11-6

文:ラリーズ編集部

コメント
0