【卓球】"台湾の張本"が完勝で5位 期待の左腕が実力を発揮<アジアカップ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:林イン儒(チャイニーズタイペイ)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 【卓球】“台湾の張本”が完勝で5位 期待の左腕が実力を発揮<アジアカップ>

2019.04.07 文:ラリーズ編集部

<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019(横浜文化体育館) 2019年4月5日~4月7日>

7日、横浜文化体育館で開催されている卓球アジアカップ2019は大会3日目を迎え、男子5-6位決定戦が行われた。対戦したのは、“台湾の張本”とも称される林イン儒 (4月度世界ランキング21位・チャイニーズタイペイ)と、インドの実力者・グナナセカラン(同28位)。試合は、早い打点でラリーの主導権を握った林に軍配。1ゲームも与えることなく、グナナセカランを封じた。

林は岡山リベッツからTリーグにも参戦。国内のファンも増えているため、試合後にはサインを求める長蛇の列ができた。

アジアカップ2019 男子5-6位決定戦結果

〇林イン儒 (チャイニーズタイペイ) 4-0 グナナセカラン(インド)
11-4/11-8/11-8/14-12

前日の結果はこちら

男子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.13
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt