熾烈を極めるプレーオフ争い ノイ・ウルムは5位浮上<卓球・ドイツブンデスリーガ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ティアゴ・アポロニア/提供:ittfworld

国際大会 熾烈を極めるプレーオフ争い ノイ・ウルムは5位浮上<卓球・ドイツブンデスリーガ>

2021.02.25 文:ラリーズ編集部

<ドイツブンデスリーガ第19節 2月21日>

2020-2021シーズンのドイツ・ブンデスリーガ第19節が開催され、ポルトガル代表のティアゴ・アポロニアが所属するリーグ7位のノイ・ウルムがグレンツァオに勝利し、リーグ5位に浮上した。

>>ザールブリュッケン&オクセンハウゼンがプレーオフへ<ブンデスリーガ第18節>

ノイ・ウルムがプレーオフへの望みを繋ぐ

リーグ7位のノイ・ウルムは11位のグレンツァオと対戦。今シーズンのブンデスリーガは、リーグ4位のグリュンヴェッターズバッハから9位のブレーメンまでが1勝差の混戦状態で、7位のノイ・ウルムもこの試合に勝てばプレーオフ進出が見えてくる。


写真:ティアゴ・アポロニア/提供:ittfworld

ノイ・ウルムは、1番シングルスにティアゴ・アポロニアを起用。1ゲームを取られるも、ベテランらしい落ち着いたプレーを見せ、Robin Devos(ベルギー)を撃破した。すると、続くエマニュエル・ルベッソン(フランス)とウラジミール・シドレンコ(ロシア)の両選手も3-0のストレート勝利を収め、マッチカウント3-0で完勝。この勝利でシーズン成績を11勝9敗としたノイ・ウルムは、プレーオフ進出に望みを繋いだ。

グリュンヴェッターズバッハは4位をキープ

現在リーグ4位と、最もプレーオフ進出に近いグリュンヴェッターズバッハは、同じくプレーオフ進出を狙う5位のケーニヒスホーフェンと対戦した。


写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

1番シングルスはグリュンヴェッターズバッハが制し、2番シングルスにはグリュンヴェッターズバッハからは邱党(キュウダン・ドイツ)、ケーニヒスホーフェンからはバスティアン・シュテガー(ドイツ)が出場。邱党とシュテガーはドイツ代表として2019年の世界選手権にダブルスで出場しており、お互いの手の内は知り尽くしている。

そんな両選手の試合はフルゲームにもつれる接戦となったが、試合後「シュテガーは2、3ゲーム目に僕を圧倒した。だから、僕ももっとリスクを冒して攻めた。すると、幸運にも巻き返せたね」と語ったように、邱党が積極的な攻めを見せて、ゲームカウント3-2で勝利。3番シングルスは取られたものの、4番シングルスをキッチリと勝利して、グリュンヴェッターズバッハがマッチカウント3-1で勝利。リーグ4位をキープした。

第19節終了時のブンデスリーガ順位

1位 ボルシア・デュッセルドルフ:18勝2敗 ※プレーオフ決定
2位 ザールブリュッケン:15勝6敗 ※プレーオフ決定
3位 オクセンハウゼン:15勝6敗 ※プレーオフ決定
4位 グリュンヴェッターズバッハ:12勝8敗
5位 ノイ・ウルム:11勝9敗
6位 ケーニヒスホーフェン:11勝10敗
7位 ミュールハウゼン:11勝10敗
8位 ブレーメン:11勝10敗
9位 ベルグノイシュタッド:10勝10敗
10位 フルダ・マーバーツェル:5勝15敗
11位 グレンツァオ:3勝17敗
12位 バート・ホンブルク:1勝20敗

2020-2021 ドイツブンデスリーガ第19節 結果

〇ノイ・ウルム 3-0 グレンツァオ

〇ティアゴ・アポロニア 3-1 Robin Devos
〇エマニュエル・ルベッソン 3-0 クリスチャン・プレテア(ルーマニア)
〇ウラジミール・シドレンコ 3-0 Ioannis Sgouropoulos(ギリシャ)

〇グリュンヴェッターズバッハ 3-1 ケーニヒスホーフェン

〇王熹(ワンシ・中国)3-1 Abdel-Kader Salifou(フランス)
〇邱党 3-2 バスティアン・シュテガー
デニ・コズル(スロベニア)2-3 Kilian place〇
〇王熹 3-1 バスティアン・シュテガー

〇ザールブリュッケン 3-0 ベルグノイシュタッド

〇尚坤(シャンクン・中国)3-2 アルバーロ・ロブレス(スペイン)
ダルコ・ヨルジッチ(クロアチア)3-0 ベネディクト・デューダ(ドイツ)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)3-1 Alberto Miño(エクアドル)

〇オクセンハウゼン 3-2 フルダ・マーバーツェル

Samuel Kulczycki(ポーランド)1-3 ルーウェン・フィルス(ドイツ)〇
シモン・ゴジ(フランス)3-0 Benno Oehme(ドイツ)
カナック・ジャー(アメリカ)0-3 ムン・ファンボー(ドイツ)〇
〇シモン・ゴジ 3-0 ルーウェン・フィルス
〇Samuel Kulczycki/Maciej Kubik(ポーランド)3-1 ムン・ファンボー/Benno Oehme

〇ボルシア・デュッセルドルフ 3-1 ミュールハウゼン

〇アントン・ケルベリ(スウェーデン)3-0 ダニエル・ハーベソン(オーストリア)
〇リチャード・ワルザー(ドイツ)3-0 ステファン・メンゲル(ドイツ)
クリスチャン・カールソン(スウェーデン)0-3 オビディウ・イオネスク(ルーマニア)〇
〇アントン・ケルベリ 3-2 ステファン・メンゲル

〇ブレーメン 3-1 バート・ホンブルグ

マルセロ・アギーレ(パラグアイ)0-3 Rares Sipos(ルーマニア)〇
マティアス・ファルク(スウェーデン)3-1 Lev Katsman(ロシア)
〇キリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)3-1 Maksim Grebnev(ロシア)
〇マティアス・ファルク 3-1 Rares Sipos

>>ドイツでホーム勝率90%超え 森薗政崇が語る「ファンや応援の力」

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt