卓球日本女子、74年大会以来の優勝へ白星発進 男子団体、混合複も日本勢が初陣へ<アジア選手権> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:佐藤瞳(ミキハウス)/提供:新華社/アフロ

大会報道 卓球日本女子、74年大会以来の優勝へ白星発進 男子団体、混合複も日本勢が初陣へ<アジア選手権>

2021.09.30

文:ラリーズ編集部

<アジア選手権2021 日時:9月28日~10月5日 場所:カタール・ドーハ>

29日、アジア選手権は2日目を迎え、男女団体の予選順位決定戦と、決勝トーナメントの準々決勝が行われた。女子日本が準々決勝でインドに3-1で勝利し、準決勝進出を決めた。

総括


写真:芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

女子団体準々決勝の相手はインド。

第1試合には佐藤瞳(ミキハウス)が登場。Sreeja AKULA(インド)相手に終始自分のペースを貫き3-0のストレートで快勝。続く第2試合では芝田沙季(ミキハウス)が、先日のWTTドーハ大会でも活躍していたArchana Girish KAMATH(インド)とのフルゲームの接戦を制し、日本の白星に王手をかけた。


写真:長﨑美柚(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

続く第3試合には長﨑美柚(日本生命)が登場。サターシャ・ムケルジー(インド)に2ゲームを取られ窮地に追い込まれる。長﨑も2ゲームを取り返して最終ゲームまでもつれ込んだが、最後はサターシャ・ムケルジーが11-8で取り切った。第4試合では芝田が、Sreeja AKULAに先2ゲームを取られる。しかし3ゲーム目からを連取して大逆転で勝利。女子日本の準決勝進出が確定した。


写真:張禹珍(チャンウジン・韓国)/提供:ittfworld

女子団体では日本の他、中国香港、韓国、シンガポールが4強入りを果たした。一方男子団体の準々決勝では韓国が、エース・張禹珍(チャンウジン)の2本取りの活躍で中国香港に3-1で勝利。インドもカマル・アチャンタ、サティアン・グナナセカランの活躍でイランに勝利し、準決勝に進出した。

3日目となる30日には、男子団体の決勝トーナメントの準々決勝、女子団体の決勝戦まで、混合ダブルスの2回戦までが行われる。

3日目見どころ


写真:安藤みなみ(トップ名古屋)/撮影:ラリーズ編集部

3日目の日本勢最初の試合は女子団体準決勝だ。初戦を3-1で制した日本だが、次の相手は中国香港だ。今回も杜凱琹(ドゥホイカン)、李皓晴(リホチン)と東京五輪の代表選手が登場しており、準々決勝よりもハイレベルな戦いが予想される。早田ひな(日本生命)、安藤みなみ(トップ名古屋)の起用があるか采配に注目しながら、4大会連続の決勝進出、1974年大会以来の優勝に期待したい。


写真:木造勇人(愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

一方、男子団体でも日本勢が登場する。準々決勝の相手はカザフスタンだ。エースのキリル・ゲラシメンコは国際大会の優勝経験を持っている実力者で、過去に木造勇人(愛知工業大)や三部航平(シチズン時計)にも勝利している。日本勢にとっては相性の悪い難敵だが、木造や戸上隼輔(明治大)、宇田幸矢(明治大)ら5名の起用はどうなるか。そして準決勝へ進めるか、注目の試合だ。


写真:早田ひな(日本生命)・戸上隼輔(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

また、個人戦でも戸上/早田ペアが混合ダブルスの初戦を迎える。2回戦の相手はスリランカのペアだが、WTT大会で優勝した実力を発揮することができるか。こちらも見逃せない試合となるだろう。また、木造/安藤ペアもヨルダンペアと対戦する。このほか、男女団体では順位決定戦が行われる。

2日目 日本勢結果

女子団体準々決勝 日本 3-1 インド

〇佐藤瞳 3-0 Sreeja AKULA
11-5/11-3/11-3

〇芝田沙季 3-2 Archana Girish KAMATH
10-12/11-7/11-4/10-12/11-9

長﨑美柚 2-3 サターシャ・ムケルジー〇
7-11/8-11/11-5/11-7/8-11

〇芝田沙季 3-2 Sreeja AKULA
8-11/10-12/11-2/11-9/11-8

*女子日本、準決勝進出

日本選手 試合予定

女子団体 準決勝

日本 – 中国香港

男子団体 準々決勝

日本 – カザフスタン

混合ダブルス 2回戦

木造勇人/安藤みなみ – Zeyad ALDMAISY/Bara AL-WEDIAN(ヨルダン)
戸上隼輔/早田ひな – Chameera GINIDE/Ishara MADURANGI(スリランカ)

アジア選手権とは

アジア選手権は、2~3年ごとにアジア各国の予選を勝ち抜いた選手によって、アジアNo.1を決める大会である。卓球の全種目(男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルス・男女団体)が行われ、各種目で優勝者が決まる。

日本勢の記録としては2017年大会の女子シングルスで平野美宇(日本生命)が中国勢3人に連続で勝利して優勝したことが記憶に新しい。ほかにも前回大会では男子ダブルスで吉村真晴(愛知ダイハツ)/戸上隼輔(明治大)ペアが3位、女子ダブルスで平野/石川佳純(全農)ペアと芝田沙季(ミキハウス)/佐藤瞳(ミキハウス)ペアがともに3位入賞を果たしている。

今大会では中国代表が、先日の第14回全中国運動会卓球競技の開催と、11月に控える世界選手権に向けたトレーニング等への影響を考慮し、WTT大会とともに不参加を表明している。また、日本からも東京五輪代表の選手は参加しないこととなり、6月の国内選考会を勝ち抜いた代表選手が参加することとなる。

安藤みなみインタビュー(2021年2月公開)


写真:安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)/撮影:田口沙織

>>実業団のエースが退社しプロ転向 安藤みなみが今、Tリーグに挑戦する理由

>>トップ名古屋に“凱旋”加入 愛知県出身の安藤みなみ「自分が結果を出して次世代に繋がれば」

Rallys特集 卓球とSDGs

>>今だからこそ 卓球とSDGs

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt