伊藤美誠、"盟友"早田ひな下し優勝 "黄金世代"対決に勝利<卓球・WTTコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

国際大会 伊藤美誠、“盟友”早田ひな下し優勝 “黄金世代”対決に勝利<卓球・WTTコンテンダードーハ>

2021.03.06 文:ラリーズ編集部

<卓球 WTTコンテンダードーハ 2月28日~3月6日 カタール・ドーハ>

6日、WTTコンテンダードーハの女子シングルス決勝に伊藤美誠(スターツ)と早田ひな(日本生命)が登場。伊藤が早田に勝利し、2021年初の国際大会で優勝を勝ち取った。

伊藤美誠vs早田ひな “みまひな”対決


写真:伊藤美誠/提供:ittfworld

世界ランキング3位で今大会第1シードの伊藤は、初戦のブリット・エーラント(オランダ)戦こそフルゲームと苦戦したものの、そこからは快調に勝ち上がり、決勝へと駒を進めてきた。持ち味のサービスとスマッシュは今大会でも随所に光っており、堂々たるプレーを見せている。


写真:早田ひな/提供:ittfworld

一方、世界ランキング29位の早田は、1回戦から準々決勝まで3戦連続でフルゲームの激戦を制し、勝ち上がってきた。2回戦では、全日本女王に輝いた石川佳純(全農)とのサウスポー対決にも打ち勝っている。TリーグサードシーズンではMVPも受賞した勝負強さで、要所を締める試合運びを見せ、接戦をものにしている。

また、両選手は2000年生まれの20歳。平野美宇(日本生命)も合わせて“黄金世代”と呼ばれる注目世代で、今大会決勝で“みまひな”対決が実現することとなった。

直近の全日本選手権準決勝でも対戦しており、その際はゲームカウント4-3で伊藤が白星を掴んでいる。

“黄金世代”対決の行方は


写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:ittfworld

試合は、第1ゲームの序盤、パワーで上回る早田がリードする。しかし、伊藤が打点の早さとコース取りで早田のミスを誘い、逆転で第1ゲームを先取した。

第2ゲームも再び、序盤に早田がリードするもそこから伊藤が逆転。伊藤の左右の鋭いコースの揺さぶりに早田は防戦が続く。


写真:早田ひな(日本生命)/提供:新華社/アフロ

ゲームカウント0-3としたくない早田はロングサービスをうまく使い、伊藤に変化をつけられる前にラリーに持ち込む戦術で、ゲームカウント2-2に追いついた。

ダブルスを組み、世界選手権で銀メダルも獲得した“盟友”とも言える両選手。試合や練習を何度も共にしており、手の内はお互い分かり合っているため、一歩も引かない熱戦が続く。

早田が得意なラリー戦で好プレーを見せたかと思えば、伊藤の得意なサーブ、レシーブ、3球目の早い段階で得点が決まることも。目まぐるしく流れの行き来する試合は、接戦の第5ゲームを奪った伊藤がそのまま逃げ切り、ゲームカウント4-2で伊藤に勝利の女神が微笑んだ。

女子シングルス決勝

〇伊藤美誠 4-2 早田ひな
11-9/11-8/6-11/9-11/11-9/11-6

早田ひなインタビュー


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt