東京五輪代表・水谷隼、"名将の愛息"に快勝で3回戦へ<卓球 WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:水谷隼(木下グループ)/提供:ittfworld

大会報道 東京五輪代表・水谷隼、“名将の愛息”に快勝で3回戦へ<卓球 WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.09

文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの男子シングルス2回戦(ラウンド32)に水谷隼(木下グループ・世界ランキング18位)が登場し、邱党(キュウダン・ドイツ・同53位)にゲームカウント3-0で勝利した。

水谷隼 vs 邱党


写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

リオ五輪団体銀、シングルス銅メダリストの水谷は、2021年の東京五輪代表にも選出されている。Tリーグサードシーズンでは、木下マイスター東京のキャプテンとして、チームを牽引し、レギュラーシーズン1位に貢献した。

しかし、プレーオフファイナルは首の痛みで欠場し、怪我の状態が心配されていたが、8日の混合ダブルス(ペア:伊藤美誠)では勝利し、問題ないことをアピールしていた。


写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/提供:ittfworld

対する邱党は、名指導者である邱建新氏を父に持ち、幼いころから父に卓球を教わってきたペンホルダー。邱建新氏には、水谷も師事しており、現在も木下マイスター東京では指導を受けている。邱党は、邱建新氏の影響で、幼い頃から水谷ら日本選手と練習もともにしていた経験も持つ。

2019年の香港オープンではフルゲームの接戦の末、水谷が勝利していたが、今回の試合は一方的な展開となった。サーブレシーブで主導権を握る水谷が攻めて良し、守って良しと充実したプレーを見せる。ゲームカウント3-0で水谷が完勝した。

11月の国際試合に出場していなかった水谷にとっては、1年ぶりとなった国際大会でのシングルス。快調なスタートとなった。

男子シングルス2回戦

〇水谷隼 3-0 邱党(ドイツ)
11-7/11-6/11-6

水谷隼インタビュー


写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:伊藤圭

>>第1話「全盛期の7割あれば十分」 水谷隼、最後の大舞台へ懸ける思い

>>第2話 「金メダルの可能性は20%」伊藤美誠との“最強ペア”で描く水谷隼のゲームプラン

>>第3話 水谷隼、北京からロンドン、飛躍の4年間 きっかけは“中国武者修行”

>>第4話 水谷隼「一人で強くなってやる」すべては卓球界を変えるために

邱党インタビュー


写真:邱党(キュウダン・ドイツ)/撮影:伊藤圭

>>名将の愛息・邱党「欲しいのは世界ランキングじゃない」見据えるのは2024年パリ五輪

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt